教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

扶桑社が、教科書の「出版差し止め仮処分申し立ての却下」を受けて、コメントを発表

標記の訴訟の件に関する扶桑社のコメントを掲示します。

株式会社扶桑社が発行する『改訂版 新しい歴史教科書』について、藤岡信勝、西尾幹二両氏らが、平成22年3月以降の出版差し止めを求める仮処分の申し立てを行っておりましたが、東京地裁民事47部(阿部正幸裁判長)は3月17日、その申し立てを却下しました。それに関し、扶桑社は以下のコメントを発表しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成21年3月17日
株式会社 扶桑社

「妥当な決定であり、当社は平成22、23年度の教科書を引き続き発行し、教科書発行者としての責任を全うしたい」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

詳しくは⇒育鵬社ウェブサイト http://www.ikuhosha.co.jp/

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。