教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【緊急企画シンポジウム】「≪検証≫日教組と戦後教育」

【緊急企画シンポジウム】「≪検証≫日教組と戦後教育」
7月14日(火)開催決定!

t-syt04.jpg
”日教組を学問的に検証する”初めてのシンポジウムが緊急開催!!
【緊急企画シンポジウム】「≪検証≫日教組と戦後教育」

■日時 7月14日(火) 18時00分開会(17時30分開場) 21時閉会予定
■会場 ハリウッドホール (ハリウッドビューティープラザ5階)
 [東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズ ハリウッドプラザ]
  http://www.hollywood.ac.jp/access/
 地下鉄日比谷線 六本木駅1C出口 直結
 地下鉄大江戸線 六本木駅3番出口 徒歩3分
 地下鉄千代田線 乃木坂駅5番出口 徒歩6分
■登壇者
竹内洋氏
(関西大学教授・京都大学名誉教授/教育社会学・歴史社会学の第一人者/『教養主義の没落』『大学という病』著者)
貝塚茂樹氏
(武蔵野大学教授/日本教育史・道徳教育研究の若手第一人者/『戦後教育改革と道徳教育問題』著者)
小林正氏
(元参議院議員/元神奈川県教職員組合執行委員長/『「日教組」という名の十字架』著者)
勝岡寛次氏
(明星大学戦後教育史研究センター/気鋭の占領教育史研究者/『抹殺された大東亜戦争』著者)
 コーディネーター
八木秀次氏
(高崎経済大学教授・日本教育再生機構理事長/憲法学・思想史/『反「人権」宣言』『教育黒書』著者・編者)

■定員:400名(先着順)
■参加費:1,500円(当日受付へ)
■お申込み
 住所、氏名、電話番号を明記の上、「日教組シンポ申込み」と書いて、下記までお送り下さい。
 【FAX】 03(3835)2436
 【E-Mail】 office@kyoiku-saisei.jp
 【郵送】〒110-0005 東京都台東区上野1-17-1大湖堂ビル4階
     一般財団法人日本教育再生機構 シンポジウム係 
 【お問合せ電話番号】 03(3835)2435

■主催:一般財団法人日本教育再生機構
■シンポ事務局:日本政策研究センターと共同で担当

  >>日本教育再生機構ウェブサイト

スポンサーサイト

PageTop

育鵬社の新刊、7月3日(金)発売!

扶桑社の教科書事業を継承する出版社・育鵬社から、7月3日(金)、石井昌浩氏(元国立市教育長、教育評論家)の新刊が発売されました。



こんな学校に誰がした!
子供中心主義で育った児童・生徒にお手上げの学校…
教育再生は果たして可能なのか?
学校の現状だけでなく、文科省や教育委員会の体質、戦後教育史、注目の教育実践などを、時事問題と絡めて分かりやすく解説。

書店にてお買い求め、あるいはご注文ください。
詳しくは育鵬社ウェブサイト http://www.ikuhosha.co.jp/index.html へ。


PageTop

広報誌「教育再生」最新号6月8日刊行!

広報誌「教育再生」最新号6月8日刊行!
安倍晋三氏・竹田恒泰氏
【特別対談】「日本の国柄と天皇」掲載!


ajisai2106.jpg

日本教育再生機構の広報誌「教育再生」第15号(紫陽花号)が6月8日に発刊されました。
安倍晋三氏・竹田恒泰氏 【特別対談】「日本の国柄と天皇」
森田健作氏・川上和久氏 【特別インタビュー】「千葉は『教育日本一』をめざす!」
岡崎久彦氏「教育再生は歴史教育の再生から始まる」ほか。

詳しくはこちらへ

≫日本教育再生機構

PageTop

育鵬社の新刊、6月1日(月)発売!

扶桑社の教科書事業を継承する出版社・育鵬社から、6月1日(月)、川上和久氏(明治学院大学副学長・育鵬社公民教科書編集会議座長)の新刊が発売されました。

book-sn01.jpg

あっと驚く数字から日本の現状がよく見える!
楽しく読める50のQ&Aに“日本を元気にするヒント”が満載!
30年後の日本のための30のマニフェスト付き!

書店にてお買い求め、あるいはご注文ください。
詳しくは育鵬社ウェブサイトへ。
http://www.ikuhosha.co.jp/index.html

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。