教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

育鵬社版歴史・公民教科書の市販本 『新しい日本の歴史』『新しいみんなの公民』 先行予約発売!

育鵬社版歴史・公民教科書の市販本
『新しい日本の歴史』『新しいみんなの公民』
頒布受付中!(割引あり)



rekisikoumin.jpg

今年三月の教科書検定にて、育鵬社による歴史・公民教科書が合格しました。その市販本が4月下旬に発売になりました。それに合わせて、日本教育再生機構で市販本の頒布をいたします!
育鵬社とは、社会的に注目された『新しい歴史教科書』『新しい公民教科書』を発行した扶桑社(フジサンケイグループ)が、平成十八年の教育基本法の全面改正をうけて教科書事業専門として独立させた出版社です。
当機構ではこの育鵬社の教科書を、大人も含めた、ひとりでも多くの方々に読んでいただきたいと考えています。それは皆様の支持の声が大きくなることで、今夏の教科書採択に影響を与えることができる、ということもありますが、それ以前に日本の歴史や文化を知る「家庭読本」として、とても素晴らしい内容の本となっているからです。

 『新しい日本の歴史』『新しいみんなの公民』の特長
『新しい日本の歴史』(育鵬社)で最初に目を引くのは折込になっている「歴史絵巻」です。これは各時代ごとに付けられており手元に大きく引き出して見ることが出来ます。楽しいイラストによって時代の流れが一目で把握できる解りやすさは、生徒の学習意欲と理解を促すために大変効果的であると思います。そしてその理解は祖先から未来の子孫への大きな流れの中にいる自分自身を位置づけて考えることに繋がっていくでしょう。
 もう一つの特長として、人物重視の方針があります。本文の登場人物は実に540名以上にもなり、これは他の教科書と比較しても圧倒的な数です。加えて、特定の人物を掘り下げるコラムも充実しています。歴史上の人物を詳しく知ることは生徒達の想像力を刺激し、過去にあったことを、より身近に感じるようになるでしょう。現在の私達の生活は、様々な困難に立ち向かった先人達から受け継いできたものであるということ。そして又、次の世代へ引き渡していくという意識を自然に身につけられる中身になっています。
そのように時間の繋がりを重視し伝統を尊重した歴史教科書に対し、『新しいみんなの公民』では、現在の空間的な結びつきに焦点を当てています。尖閣諸島や竹島などの領土・領域に対する外務省の見解を提示し、国旗・国歌に関してのコラムも充実させています。又、柔道や歌舞伎、書道といった日本の伝統文化を美しい写真で一覧できるページもあります。これは地理的・制度的・文化的な理解から日本という国の形をはっきりと示し、子供達に健全な国家観をはぐくんでもらうことを意図しています。その国家観を土台とした「公共の精神」をしっかり学び、国際社会の中で日本人としての自信とアイデンティティを持つことが出来るようになる内容です。
このように日本の深淵にふれることができる内容となっていますので、中学生はもちろん、今の日本で生きる多くの人々に自分の生き方や社会とのかかわりを考えるために読んでいただければと思います。

【PDF『新しい日本の歴史』『新しいみんなの公民』市販本 申込み用紙】

スポンサーサイト

PageTop

教科書改善シンポジウム 育鵬社版歴史・公民教科書出版記念行事 「日本がもっと好きになる教科書」誕生 ~『新しい日本の歴史』『新しいみんなの公民』の魅力を語る~ =5月10日(火)開催のお知らせ=

a4snptrs3rd.jpg



教科書改善シンポジウム
育鵬社版歴史・公民教科書出版記念行事
「日本がもっと好きになる教科書」誕生
~『新しい日本の歴史』『新しいみんなの公民』の魅力を語る~


◆開催趣旨
この三月、来春から中学校で使われる教科書の検定結果が発表されました。このシンポジウムでは、その検定に合格した育鵬社版の歴史・公民教科書の魅力を、実際にその編集に携わった伊藤隆氏、川上和久氏、八木秀次氏に大いに語っていただきます。
 今夏には、今回の検定を受けた教科書採択が控えております。そこで全国の教育委員会および私立学校で、来年度から使われる教科書が決まることになります。
 平成十八年に、約六十年ぶりに改訂された教育基本法には、「教育の目標」として「伝統と文化を尊重」と書き加えられ、「公共の精神」が明記されました。これらの精神を忠実に内容に反映した育鵬社版の歴史・公民教科書こそが、ひとりでも多くの中学生に届くこと、それが引いては明日のよりよい日本を創っていく礎になると考えております。
 皆様ひとりひとりの声が集まり、大きくなることで確実に教科書採択に影響を与えることができます。そのためにもぜひこのシンポジウムにご参加いただき、育鵬社版歴史・公民教科書の魅力を知っていただければと思っております。

◆登壇者
安倍晋三 氏(元内閣総理大臣 特別挨拶)
渡部昇一 氏(上智大学名誉教授 特別挨拶)
伊藤 隆 氏(歴史教科書編集会議座長 東京大学名誉教授)
川上和久 氏(公民教科書編集会議座長 明治学院大学教授)
下村博文 氏(衆議院議員 元内閣官房副長官)
八木秀次 氏(高崎経済大学教授 日本教育再生機構理事長)
屋山太郎 氏(政治評論家 教科書改善の会代表世話人)

◆日 時
5月10日(火)
18時開会(17時半開場)

※約1時間半を予定。閉会後同会場で、登壇者や役員の先生方も参加される懇親会を開きます(参加費別途。下記参照)。

◆会 場
ハリウッドホール
(ハリウッドビューティープラザ5階

港区六本木6-4-1六本木ヒルズハリウッドプラザ内
問い合わせ:03-6406-6000  http://www.hollywood.ac.jp/access/index.html 

・ 東京メトロ日比谷線 「六本木駅」1C出口直結
・ 都営地下鉄大江戸線 「六本木駅」3番出口3分
・ 東京メトロ千代田線 「乃木坂駅」5番出口6分
・ 東京メトロ南北線「麻布十番駅」4番出口8分
・ 都バス01(渋谷・新橋)六本木下車1分

◆シンポジウム参加費
1,000円(当日会場にて、お支払い下さい)

◆懇親会費
4,000円(当日会場にて、お支払い下さい)
シンポジウム閉会後、引き続き同会場で懇親会を開きます。登壇者や役員の先生方も参加します。ぜひご参加ください。なお懇親会費は、シンポジウムとは別途のお支払いになります。

※なお、日本教育再生機構の会員特典としまして、法人サポーター・個人サポーターの方は「ご招待」とさせていただきます。法人・個人サポーターの方の懇親会については、後日封書にてお知らせします。
  (サポーター制度について詳しくは、こちらをご覧ください)
   ⇒ http://www.kyoiku-saisei.jp/support/support.html

◆お申込み方法
参加ご希望の方は、下記項目をご記入の上、お申込みください。
  
○郵便番号
○ご住所
○お名前
○お電話番号
○シンポジウム参加人数
(複数人で参加される方は、代表者様のお名前と参加人数をご明記ください。)
○懇親会参加の有無、あるいは参加名

【FAX】 03-3835-2436
【E-Mail】 office@kyoiku-saisei.jp
【郵 送】 郵便番号 110-0015
       東京都台東区上野1-17-1 大湖堂ビル4階
       教科書改善の会 係

【お問合せ電話番号】 03-3831-7620(教科書改善の会)

◆主 催◆
教科書改善の会 一般財団法人日本教育再生機構

PageTop

DVDによる映像での解説!本年夏に中学校採択が迫っています。ぜひ普及にご協力を!『教科書も「仕分け」しよう!』歴史教科書のチェックポイント(中学校編)(出演:八木秀次・高清水有子)

DVD_syusei.jpg

           ↑↑クリックすると大きな画像でご覧いただけます

DVDによる映像での解説!本年夏に中学校採択が迫っています。ぜひ普及にご協力を!
『教科書も「仕分け」しよう!』歴史教科書のチェックポイント(中学校編)(出演:八木秀次・高清水有子)

特典付録:パンフレット『きちんと選ぼう!子供の教科書』、
チェックリスト「ここをチェック 教科書の見分け方、教えます」付

             
詳しくはこちらへ
≫日本教育再生機構

PageTop

広報誌「教育再生」最新号4月14日刊行!

kyoiku2304.jpg

日本教育再生機構の広報誌「教育再生」4月号(第35号)が4月14日に刊行されます。  

おもな内容は次の通りです。

≪総特集≫
これが『新しい日本の歴史』
   『新しいみんなの公民』だ
~教育委員会はこう読んでほしい。執筆者が語るポイント~

  伊藤隆(東京大学名誉教授・育鵬社歴史教科書編集会議座長)
  川上和久(明治学院大学教授・育鵬社公民教科書編集会議座長)
 聞き手:八木秀次(日本教育再生機構理事長)

・「日本がもっと好きになる」育鵬社教科書
 ついにヴェールをぬぐ。いち早く先行紹介。
・教育基本法も変わった。指導要領も変わった。
 教科書も変えよう!
・人物は「国家及び社会の形成者」(教育基本法第5条)
 の観点で
・豊かで安定した江戸時代を活写
・バランスの取れた近現代史。国民としての自覚をもたせる
・現代政治に尊厳と品格を与える「国民統合の象徴」
ほか
 
【巻頭言】
青少年に武士道をどう教えるか
大震災の経験を通して

笠谷和比古(国際日本文化研究センター研究部教授・育鵬社歴史教科書執筆者)

≪Q&A≫
教科書採択のしくみと今夏のスケジュール 
編集部

≪好評連載≫
【唱歌と童謡の近代史12】
花 春の訪れを喜ぶ近代音楽史上屈指の名曲

八木秀次 

【子供に語りつぐ日本の偉人35】
明治天皇 

勝岡寛次(明星大学戦後教育史研究センター)

【日本の心、和歌の心35】                   
西行
 
松浦光修(皇學館大學教授)  ほか

※いま本誌4月号をお求めの方には、もれなく
 育鵬社広報誌『虹』特別号を1冊プレゼント。

 (サポーターや関係者の皆様には、本誌4月号と一緒にお届けします。)
・櫻井よしこ氏・鍵山秀三郎氏・中西輝政氏・村上和雄氏ほか、
 日本を代表する16名の有識者からの応援メッセージ、
・執筆・監修者からのメッセージ
・育鵬社教科書の編集方針、ポイントなど

詳しくはこちらへ
日本教育再生機構

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。