教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

八木理事長:沖縄の特殊言論空間と教科書採択問題(チャンネル桜11/21)

youtube_20111126083411.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=uR5B90lLLWc

当機構の八木秀次理事長が
11月21日のチャンネル桜の番組に出演し、
「沖縄の特殊言論空間と教科書採択問題」のタイトルで
沖縄八重山地区の教科書問題について発言しています。
すでに動画の映像がyoutubeなどにupされており、
ご覧いただければ幸いです。

◆チャンネル桜公式HPより(一部改)
育鵬社の公民教科書採択をめぐり、
沖縄県石垣市、竹富町、与那国町からなる
八重山採択地区で発生している異常事態の背景に、
与那国島への自衛隊配備を阻止しようとする
狙いが見られる件などについて、
沖縄言論空間の特異性や、教科書などを通して現実を知れば理解できるはずの
国防の重要性などにも触れながら紹介しています。

スポンサーサイト

PageTop

広報誌「教育再生」最新号11月10日刊行!

kyoiku2311.jpg

日本教育再生機構の広報誌「教育再生」11月号(第42号)が11月10日に刊行されます。  

おもな内容は次の通りです。

≪特別座談会≫
神々の国・日本よ永遠なれ
子供に伝えよう悠久の歴史


 長曽我部延昭(神道政治連盟会長)
 有村治子(参議院議員)
   聞き手:八木秀次(日本教育再生機構理事長)
▼愛媛の教科書採択の状況
▼教育の目標は「文化の伝達」
▼自民党と神社界がフル回転
▼伝統と対極にある民主党   ほか

≪巻頭言≫
 伊勢の子供が、伊勢神宮を知らない、日本神話を知らない
そんな教科書でいいのか?


 新田均(皇學館大学教授)

≪インタビュー≫
明年2月刊行決定!
『13歳からの道徳教科書』 
育鵬社教科書躍進から、道徳の「教科化」に向けて

 丸山敏秋((社)倫理研究所理事長)
 石井昌浩(日本教育再生機構副理事長)
 貝塚茂樹(武蔵野大学教授)
 八木秀次

≪好評連載≫
【唱歌と童謡の近代史19】
 旅愁
 夢やぶれ、迷い悩み、
 心は故郷の家族へと帰る
 八木秀次 
【子供に語りつぐ日本の偉人42】
 上杉謙信
 勝岡寛次(明星大学戦後教育史研究センター)
【日本の心、和歌の心42】                   
 明治天皇御製
 松浦光修(皇學館大學教授)  ほか

詳しくはこちらへ
≫日本教育再生機構

PageTop

育鵬社教科書がシェア第5位に

育鵬社教科書がシェア第5位に

文部科学省は、11月1日、
来年度から全国の国立・公立・私立の中学校で使われる
教科書の需要数(必要数)を公表しました。

社会科では、育鵬社(前回は扶桑社)は、
歴史4万7812冊(シェア率3.7%)、
公民4万8569冊(同4%)となり
(沖縄八重山地区を除く)、
順位は全7社中で第5位に上がり、
前回(平成21年)の採択時に比べると、
歴史は約6.6倍、公民は約11.6倍となりました。

(需要数は生徒用だけでなく教師用の必要数も含みます)。

シェアトップは前回と同じく東京書籍で、
歴史(シェア率52.8%)公民(同57.0%)とも
過半数を超えています。

【中学社会・歴史的分野】
(平成24年度使用)
             需要数   占有率
1 東京書籍    679,038  52.8%
2 教育出版    188,058  14.6%
3 帝国書院    180,787  14.1%
4 日本文教出版  161,584  12.6%
5 育鵬社       47,812   3.7%
6 清水書院     27,248   2.1%
7 自由社         830    0.1%

歴史合計      1,285,357

【中学社会・公民的分野】
(平成24年度使用)
             需要数    占有率
1 東京書籍     686,738  57.0%
2 日本文教出版   169,480  14.1%
3 教育出版    158,848  13.2%
4 帝国書院     106,665   8.9%
5 育鵬社       48,569   4.0%
6 清水書院      32,972    2.7%
7 自由社         654    0.1%

公民合計      1,203,926

※平成23年9月中旬までに教育委員会から報告された
 児童用及び教師用の必要見込み数。
※占有率は四捨五入し、合計100%にならない場合もある。

なお、上記の文科省の発表分では、
沖縄県八重山地区(石垣市・与那国町・竹富町)の
育鵬社公民教科書は需要数に含まれていません。
八重山地区を含めると、公民は4万9169冊(シェア4.1%)です。

各種報道によれば、文部科学省は、
育鵬社版を採択した石垣市、与那国町には無償で教科書を給与するが、
東京書籍版を選んだ竹富町は、教科書無償給与の対象外として、
竹富町による自費購入を促しています。
10月31日、文部科学省は、沖縄県教育委員会に対して、
11月末までに採択を一本化して教科書の需要数を報告するよう、
県教委に対して「指導」しました。
これは森裕子文科副大臣と大城浩・沖縄県教育長との面談による
文科省の直接の指導です。
しかし、大城教育長は、文科省の方針に対して異議を唱え、
竹富町教委に育鵬社版の採択を求めることには
「かなりの無理がある」と主張しています(朝日新聞10月31日電子版)。

このように、監督官庁である文科省の指導を、
下部機関である県教委や市町村教委が
独自の法解釈を行って拒否するという、
異常な事態が生じています。
しかし、文科省の見解は、
育鵬社採択を「有効」とする閣議決定に従ったものであり、
日本国政府のいわば公式見解と見るべきです。
これに従わない沖縄県教委や竹富町教委は明らかな違法行為を続けており、
外部勢力やマスコミの意向を受けて法律やルールを守る精神を失っています。
文科省は、早急に「是正の要求」を行うことで
県教委および竹富町教委に需要数を報告させて、
来年春、八重山の子供たちの全員に
育鵬社教科書が配布される体制をつくることが望まれます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。