教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教育再生実行会議の初会合で八木理事長が提言

kaigi01.jpg
教育再生実行会議にて安倍首相と握手する八木理事長

 安倍政権の進める教育再生政策にむけた提言を行う「教育再生実行会議」(座長:鎌田薫早稲田大総長)の第一回目の会合が、1月24日(木)、首相官邸において開催されました。
 同会議には、安倍晋三首相、菅義偉官房長官、下村博文文部科学相らとともに、 民間から選ばれた委員14名が出席し、日本教育再生機構の友好団体である全日本教職員連盟の河野達信委員長や、加戸守行前愛媛県知事のほか、当機構の八木秀次理事長も出席し、文書を提出して提言を行いました(曽野綾子委員は欠席。意見を文書で提出)。

kaigi02.jpg
教育再生実行会議にて挨拶をする安倍首相

 冒頭、安倍首相は、「教育再生は、経済再生とならぶ日本国の最重要課題であり、その最終的な大目標は、世界トップレベルの学力と規範意識を身につける機会をつくることだ」と述べました。  

 また、安倍首相は、「改正された教育基本法によって、豊かな情操や道徳心をはぐくみ、歴史と伝統を尊重し、我が国と郷土を愛する態度を育てることなどが明確にかかげられた。しかし、残念ながら、これらの理念は、必ずしも教育現場では実現したとはいえない」とし、「いじめや体罰なとの痛ましい事件が相次いでいる」とした上で、「今回、内閣を挙げて、教育再生政策を進める体制をつくった。委員の皆様とともにさらに強力にすすめていきたい」などと述べました。  

 下村文科相(兼教育再生担当相)は、「(第一次安倍政権の)教育再生会議の報告、昨年11月の自民党の教育再生実行本部の中間取りまとめなどをふまえ、議論を深めていただきたい」とした上で、いじめ・体罰問題や教育委員会改革、大学入試改革などに「早急に取り組み」、「法改正などの現実的な対策」にむけた議論などを各委員に求めました。

kaigi03.jpg
教育再生実行会議終了後、記者の質問に応える八木理事長

 下村文科相(兼教育再生担当相)は、「(第一次安倍政権の)教育再生会議の報告、昨年11月の自民党の教育再生実行本部の中間取りまとめなどをふまえ、議論を深めていただきたい」とした上で、いじめ・体罰問題や教育委員会改革、大学入試改革などに「早急に取り組み」、「法改正などの現実的な対策」にむけた議論などを各委員に求めました。

 同会議は、鎌田座長の司会の下、それぞれ文書を示すなどしながら各委員が発言を行い、八木理事長は、「教育の立て直しが国家を再生させる。教育再生政策を国家戦略として明確に位置づける」ことなどを主張。体罰問題では、「文科省の平成19年2月の通知をさらに詳細にしたガイドラインの作成」を求め、いじめについては、「対処療法に止まらず、道徳教育の教科化を検討すべき」などと提言しました。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130124/edc13012412370003-n1.htm

FNNニュース
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00239212.html

 次回会合では、いじめや体罰問題について、提言のとりまとめにむけた議論が行われます。同会議は月二回程度の開催を予定。非公開ですが、議事録は、後日公開されます。

スポンサーサイト

PageTop

教育再生実行会議委員に八木理事長が内定

本日(1月10日)、政府が首相官邸に設置する「教育再生実行会議」(仮称、本部長・安倍晋三首相)の有識者メンバーについて公表され、日本教育再生機構の八木秀次理事長が委員に内定したと報道されました。

各種報道によると、座長には、鎌田薫早稲田大総長、副座長に佃和夫三菱重工業会長が就任する予定です。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013011000811

鎌田、佃両氏以外の内定者は次の通りです。
大竹美喜(アメリカンファミリー生命保険最高顧問)
尾崎正直(高知県知事)
貝ノ瀬滋(東京都三鷹市教育委員会委員長)
加戸守行(前愛媛県知事)
蒲島郁夫(熊本県知事)
川合真紀(東大教授)
河野達信(全日本教職員連盟委員長)
佐々木喜一(成基コミュニティグループ代表)
鈴木高弘(専修大付属高校長)
曽野綾子(作家)
武田美保(スポーツ・教育コメンテーター)
八木秀次(高崎経済大教授)
山内昌之(東大名誉教授)  計15名。

以上の方々のうち、河野氏は、当機構の友好団体である全日本教職員連盟の委員長であり、加戸元知事、曽野氏は、当機構の広報誌『教育再生』にそれぞれご登壇いただいています。

PageTop

広報誌「教育再生」最新号1月11日刊行!

kyoiku2501.jpg

日本教育再生機構の広報誌「教育再生」1月号(第56号)が1月11日に刊行されます。
  
≪特別インタビュー≫
『日本国憲法[全訂第4版]』の衝撃<上>
「憲法学に『国家』を取り戻せ」

長尾一紘(中央大学法学部教授)
聞き手:八木秀次(日本教育再生機構理事長)
◆歴史軽視の憲法学を反省
◆保身に走った宮沢俊義
◆明治憲法は真正の立憲主義憲法  ほか

≪巻頭言≫
安倍政権に訴える
-日中「冷戦」時代には「台湾カード」が有効-

金美齢(評論家、JET日本語学校理事長)

≪インタビュー≫
当事者が証言する教科書問題の核心
無償措置法、沖縄八重山問題、近隣諸国条項

鈴木勲(公益社団法人日本弘道会会長・元文部省初等中等局長)
聞き手:八木秀次(日本教育再生機構理事長)         
◆無償措置法の立法のねらい
◆検定と採択にひそむ問題
◆近隣諸国条項は、田中派(親中派)支配の産物   ほか

≪教育随想≫
親守詩の全国的普及を!

高橋史朗(明星大学教授・親学推進協会理事長)

≪報告≫
第1回道徳教育推進研究全国大会開催!
人の生き方に学ぶ道徳教育とは

貝塚茂樹(武蔵野大学教授)
山田誠(筑波大学附属小学校教諭)
野口芳宏(植草学園大学教授)  ほか


≪好評連載≫
【唱歌と童謡の近代史33】
一月一日
皇居の四方拝を偲ぶ正月の唄

八木秀次 

【子供に語りつぐ日本の偉人56】
新島襄

勝岡寛次(明星大学戦後教育史研究センター)

【日本の心、和歌の心56】                   
和泉式部

松浦光修(皇學館大學教授) 

【宮中の祭儀 其の九】
「大嘗祭」は憲法に反する宗教儀式なのか

斎藤吉久(ジャーナリスト)

【シリーズ:日本の歴史は宝物15】
歌会始―現代の「勅撰集」


ほか

詳しくはこちらへ
≫日本教育再生機構

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。