教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「道徳教育の充実に関する懇談会」の初会合が開催

「道徳教育の充実に関する懇談会」の初会合が開催

 4月4日に、道徳教育の抜本的な充実を図ることを目的とした有識者会議「道徳教育の充実に関する懇談会」(座長:鳥居泰彦・元慶応大塾長)の初会合が開かれました。
 この会は、政府の「教育再生実行会議」が、いじめや体罰への対策として、道徳教育を「教科」にすることを提言したのを受けて文部科学省が設置したものです。

 冒頭、下村博文文科大臣は、「道徳教育は子供たちに規範意識や社会性、また思いやりの心など豊かな人間性を育み、幸福に生きる上で不可欠なものと考えます」と挨拶されました。

 委員の一人であり、『13歳からの道徳教科書』の編集委員も担当された貝塚茂樹氏(武蔵野大学教授)は、道徳の授業が「低調で形骸化」している実体を説明し、また、教科化の問題として語られる評価については、「国語、算数、社会といった一般の教科でも評価が簡単なものはひとつもなく、したがって、評価が難しいから教科にできないというのは論理的に成り立たない」とし、教科化の必要性を述べられました。

 今後、道徳の教科化の具体的なあり方や、教員の指導力を向上させる対策について検討するほか、小中学校の子どもたちに配布されている道徳の副教材『心のノート』の全面改訂についても議論していくということです。
 
 この有識者会議は、1ヶ月に2回をめどに開催され、年内中に意見の取りまとめを行う方針です。

スポンサーサイト

PageTop

教育長に権限と責任を一本化―教育再生実行会議、 八木理事長も発言

教育長に権限と責任を一本化―教育再生実行会議、
八木理事長も発言


250409.jpg

下村博文文部科学大臣と談笑する八木理事長

 首相官邸に設置された教育再生実行会議(座長・鎌田薫早大総長)は、4月4日、第5回目の会合を行い、教育委員会制度について、教育長を教育行政の責任者と位置づけ、権限と責任を担うなどとする改革案を示しました。

 報道によると、同会議では、いじめ問題などに迅速に対応するため、非常勤の有識者などで構成される教育委員会による合議制を改め、教育長を教育行政の責任者とし、首長が議会の同意を得て任命や罷免することを可能とするとしています。

 さらに、教育委員会は教育行政の大きな方向性などを審議し、教育長をチェックする機関に性格を改めるとしています。また、各地の教育委員会が法令に違反した場合は、国が是正や改善を指示できるなどとしています。

 同会議では、これらの案をふまえ、次回、4月15日に安倍総理へ提出する「第二次提言」を取りまとめます。文科省はこの提言を受けて、5月の連休明けにも中央教育審議会に諮問し、来年の通常国会での法律改正をめざす、としています。

FNNニュース http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00243483.html
日本テレビ http://news24.jp/articles/2013/04/05/07226131.html

 なお、野党の日本維新の会は、「教育委員会廃止」に向けて、地方自治法などを改正する法案を今国会で提出する方針を固めています。報道によると(産経新聞)、維新の会による「要綱」では、地方自治体の首長を補佐する機関として「教育事務局長」ポストを設置し、教育行政の責任が政府と地方自治体にあることを明確にする、などとあります。

産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130404/stt13040412320001-n1.htm

 この維新の会の案は、教育再生実行会議の改革案と比べても共通点が多く、今後、政府や各党においても、教育長や首長による責任体制の構築や、国の権限の強化などを基本線とする議論が一層加速し、方策が具体化していくと推測されます。

PageTop

広報誌「教育再生」最新号4月8日刊行!

kyoiku2504.jpg

日本教育再生機構の広報誌「教育再生」4月号(第59号)が4月8日に刊行されました。
  
≪特別インタビュー≫
「教育再生実行会議・文科省に望む
『教える道徳教育』に転換しよう」

鍵山秀三郎(NPO法人日本を美しくする会顧問・イエローハット創業者)
野口芳宏(千葉県教育委員・植草学園大学教授)
聞き手:八木秀次(日本教育再生機構理事長)

▼まず教師が実践を
▼子供に「受容」させよ
▼掃除で生徒が、学校が一変する
▼基本は教育勅語だ
▼道徳にもノートを

鍵山 これまで670を超す学校に行って、子供たちと一緒に掃除をしました。環境が乱れた学校にいい学校は一つもありません。きちんと掃除が行き届いている学校に悪い学校は一つもないんです。トイレ掃除をするだけで、それだけで一変します。小さなことからきちんと整えると、不思議なほどに授業が成り立ってくるんです。…

野口 教師の集まりで教育勅語にプラスの印象を持っているか、マイナスの印象を持っているか聞くと、プラスは3、4%。残りはマイナスです。では、読んだことのある人はと聞くと、95%が読んだことがないと答えました。ということは、マイナスに一方的に教えられたんです。情報操作というか、風評被害ですね。…

≪巻頭言≫
道徳の教科化が戦後教育の分岐点に

石井昌浩(教育評論家・日本教育再生機構副理事長)

≪焦点≫
こんな道徳授業がある
特攻隊の手記が子供を変えた

渡邊毅(皇學館大学准教授)

≪教育再生-最近の動向≫高校日本史
今夏採択が本格化 教科書展示会も全国で開催 ほか


≪新連載≫
【めざせ“マナー美人”lesson1】
ご存知ですか?訪問時のマナー

明石伸子

≪好評連載≫
【唱歌と童謡の近代史36】
阿川佐和子サンではなかった「サッちゃん」のモデル

八木秀次 

【子供に語りつぐ日本の偉人59】
紫式部

勝岡寛次(明星大学戦後教育史研究センター)

【日本の心、和歌の心59】                   
入江九一

松浦光修(皇學館大學教授) 

【シリーズ:日本の歴史は宝物18】
武士道』より有名だった『武士の娘』の著者杉本鉞子


ほか

詳しくはこちらへ
≫日本教育再生機構

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。