教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

≪報告≫滋賀でタウンミーティング開催(12月18日)

≪報告≫滋賀でタウンミーティング開催(12月18日)

00tminsg_2013122710511828c.jpg

12月18日、「教育再生をすすめる滋賀連絡協議会設立準備委員会(公益社団法人草津青年会議所内)」の主催により、「教育再生に国民の声を!民間タウンミーティングin滋賀」が滋賀県大津市のコラボ滋賀21において開催され、当機構の石井昌浩副理事長のほか、大岡敏孝・衆議院議員、冨波(とば)義明・滋賀県議会議員、清水智弘・公益社団法人日本青年会議所近畿地区滋賀ブロック協議会会長が登壇し、コーディネーターを西村忠浩・公益社団法人日本青年会議所未来グループ・未来を切り拓く日本人育成会議議長がつとめました。
((後援:公益社団法人日本青年会議所近畿地区滋賀ブロック協議会一般社団法人大津青年会議所(以下JCと略称)、近江八幡JC、草津JC、高島JC、長浜JC、東近江JC、彦根JC、水口JC、守山JC、野洲JC、栗東JC)

基調講演に立った石井副理事長は、
「詩人寺山修司の晩年の秘書をつとめた田中未知さんは、27年ぶりにオランダから帰ってきたときに、『日本人は生身の人間と関わらなくなり、まるで機械に話しかけているように見える。若い人も、大人も、本当の会話が成り立たなくなっているようだ』と心配していた。心の交流が失われ、人間同士の本来の関係が失われたのが、今の日本ではないか。今回、道徳教育が『教科化』されるというのは、こうした現在の日本の状況を反省し、本来の日本人の関係性を取り戻すということだ」
と、道徳教科化の意義について述べました。

また、石井氏は、
「我が国は、敗戦をへて、占領軍の命令によって三教科(修身、日本歴史、地理)の停止と教科書の回収命令を受けた。これにより戦後の教育から、道徳が消えてしまった。昭和33年に『道徳の時間』が特設され、週一時間設けられたものの、しかし日教組などによる猛烈な反対運動がおこり、道徳授業は今もってなおざりであり、形骸化されたままだ。礼儀やしつけは放置され、日本の教育から『生きるモデル』が失われてしまった」
と、戦後教育の経緯と現状について述べました。

その上で、
「真の個性、生き方とは、正しく、高潔で、優れた人物の、その具体的な生き方を学ぶことによって生まれる。戦前は二宮金次郎、近江聖人の中江藤樹などが生きるモデルだった。文豪・谷崎潤一郎は、伝記『近江聖人』を子供のとき読んで感動し、何度も何度も涙を流しながら読んだ。それが後の谷崎文学の基礎となったと回想している。哲学者の和辻哲郎も、『近江聖人』について『宝物のように、たえず身辺に置いて大切にした』と述べている」
と、偉人伝が子供に何を与えるのかについて語りました。

さらに、
「世論調査では、親の84%が道徳授業に賛成しているが、教師の賛成は22%に止まる。戦後60年以上形骸化されてきた道徳教育を再生させるのは容易なことではない。しかし、教科化によりこれまでのタブーが取り除かれる。戦後最大のチャンスであり、検定教科書が作成されれば全国で共通した徳目を教える新しい日本の教育の夜明けとなる」
と、教科化の利点などについて説明しました。

つづけて大岡衆院議員は、
「安倍政権のかかげる『教育再生』は、多くの保護者や経済界など民間人の悲願だ。今の教育委員に現状を語ってもらえば、どれだけ教育委員会中心の現在の教育に問題あるかが分かり、その改革は不可欠だと分かってもらえるはずだ」
などと語り、教育委員会改革の必要性を訴えました。

冨波県議は、「34年間、高校野球の指導を行うことで、これまで道徳授業以上のことをやってきた。あいさつもきちんとできなければ何度でもやり直させた。耐える力、集中力、思いやりなど、これら道徳教育の基本を欠いた教育はありえない」などと述べました。

清水会長は、「地域のつながりをいかに強化していくか、いかにその基点となれるのかが、JCの課題であり、そのためには土曜日授業への民間からの積極参加のモデルケースとなることをめざしたい」などと述べました。

西村議長は、「安倍政権の出現が日本の教育のターニングポイントとなり、JCの社会貢献事業のターニングポイントになる。ここ滋賀から、子供たちを、親たちを、そして日本を立て直すといった心を持って、今後も取り組んでいきたい」などと語り、タウンミーティングを終えました。

スポンサーサイト

PageTop

≪開催案内≫12月18日:教育再生に国民の声を! 民間タウンミーティングin滋賀

00tminsg.jpg
※クリックすると拡大↓
http://www.kyoiku-saisei.jp/images/tminsg.jpg

≪開催趣旨≫ 首相直属機関である教育再生実行会議は、
すでに道徳「教科化」や教育委員会改革などを提言しており、
こうした動きを民間の立場からサポートするため、
「教育再生をすすめる全国連絡協議会」(日本教育再生機構が事務局をつとめる)
が発足しました。
様々な国民の声を集め、具体的な政策として実現できるよう
教育再生実行会議などにむけて発信する会であり、
一人でも多くの方にご参加いただければと思います。

≪日時≫ 平成25年12月18日(水)
    18時~20時15分(受付開始17時半~)
≪会場≫ コラボ滋賀21 3階大会議室
    〒520-0806 滋賀県大津市打出浜2−1 077-511-1400
    http://www.collaboshiga21.jp/
≪参加無料≫(会場には十分な駐車スペースがありません。
      公共機関をご利用いただきますようお願い申し上げます。)

■≪基調講演≫「教育再生における現状と道徳教育における現状」
 石井 昌浩氏(教育評論家・一般財団法人日本教育再生機構副理事長)

■≪パネルディスカッション≫
 パネリスト:石井 昌浩氏
       大岡 敏孝氏(衆議院議員)
       冨波 義明氏(滋賀県議会議員)
       清水 智弘氏(公益社団法人日本青年会議所近畿地区
      滋賀ブロック協議会会長)
 コーディネーター:西村 忠浩氏(公益社団法人日本青年会議所未来グループ
                未来を切り拓く日本人育成会議議長)
■≪質疑応答 ほか≫

■事務局・お問い合わせ:
 教育再生をすすめる滋賀連絡協議会設立準備委員会
(公益社団法人草津青年会議所内)
  ℡:077-562-0489(お問い合わせ時間13時~17時)
  fax:077―562-6221
  Emil(office@kusatsu-jc.or.jp
  ※どなたでもご参加になれます。
   下記の必要事項をお知らせの上、お申込ください。
  ○お名前
  ○ご住所
  ○電話番号・ファックス

■共催:一般財団法人日本教育再生機構
■後援:公益社団法人日本青年会議所近畿地区滋賀ブロック協議会
   一般社団法人大津青年会議所(以下JCと略称)
   近江八幡JC、草津JC、高島JC、長浜JC
   東近江JC、彦根JC、水口JC、守山JC、野洲JC、栗東JC

PageTop

広報誌「教育再生」最新号12月6日刊行!

kyoiku2512-1.jpg

日本教育再生機構の広報誌「教育再生」12月号(第67号)が12月6日に刊行されました。
  
■≪特別インタビュー≫
道徳「教科化」のグランドデザイン
―教科書、評価、指導法
 
貝塚茂樹(武蔵野大学教授、日本教育再生機構理事)
柳沼良太(岐阜大学大学院准教授)
聞き手:八木秀次
■特別教科とは
■教科書、指導法について
■今後のスケジュール
              など
貝塚:「教科化」しなくても充実させればいい、という反対意見があります全く意味がわかりません。そもそも充実させるために「教科化」するのですから。
柳沼:世界の情勢も参考にして、もう少し道徳の特質を活かした、問題解決的な思考や多様な見方・考え方を活かした指導法の工夫が提案されるべきです。
八木:『はじめての道徳教科書』は、日本人として一生の財産になるような話を厳選して入れましたので、道徳教科書以上の意味がある本ではないかなと思っています。

■≪私は主張する≫
道徳の授業で学校が変わる
―育鵬社道徳教科書を使用して―

森靖喜((学)森教育学園理事長)

■≪御遷宮をふり返る≫
神の都、伊勢の美風

吉川竜美(神宮権禰宜、神宮司庁広報課長)
   
■≪実教出版「不採択」のインパクト≫
国の検定の不備を、地方が正す時代

伊藤隆(東京大学名誉教授、日本教育再生機構理事)
聞き手:八木秀次
伊藤:なぜ「募集」「斡旋」「徴用」が「強制連行」になるのか。それなら日本人の徴兵や工場動員も全て「強制連行」と書かないといけない。国旗国歌の法律に従った指導を「強制」としたのと同じ誤りを実教は犯している。
八木:大阪府教委の「手引き」には、各学校は教科書の「不適切な箇所を発見した場合は、速やかに報告すること」とあり、偏向記述への注意を呼びかけています。

■≪女性のための教育再生講座 その8≫
第2回道徳教育推進研究全国大会 開催!


■≪報告≫
高知でタウンミーティング開催 ほか


■≪こんなに変わった!いまの日本史の語り方4≫
仏教はどのように日本に伝わったの?


■≪好評連載≫【めざせ“マナー美人”lesson9】
国旗、国歌の基礎知識 Part2

明石伸子
   
【子供に語りつぐ日本の偉人67】
津田梅子

勝岡寛次(明星大学戦後教育史研究センター)

【唱歌と童謡の近代史44】
砂山
新潟の小学生に求められて北原白秋が作った詞

八木秀次

【日本の心 和歌の心67】亀山天皇御製
松浦光修(皇學館大学教授)

ほか

詳しくはこちらへ
日本教育再生機構

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。