教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11/22(土)開催:あなたと健康 料理教室同窓会主催  特別講演会「伝統食とは いのちのつながり」

11/22(土)開催:あなたと健康 料理教室同窓会主催 
特別講演会「伝統食とは いのちのつながり」


dts02.jpg
クリックして拡大(PDF)

私たちの御先祖さまは、自然の恵みに感謝しながら生活をして来ました。
その中で、知恵を出し、日本人独特の感性を育み、
伝統食、伝統文化を作り上げ、いのちをつないで下さいました。

先生方の講演をお聴きし、今どう生きるべきか、
次世代に伝えるものは何かを、ご一緒に学びませんか。

・第1部:「和食の大切さ」
 五来純氏(あなたと健康社代表取締役)

・第2部:「日本を元気にする古事記のこころ」
 小野善一郎氏(湯島天満宮権禰宜、博士〈神道学〉)

・第3部:「伝統食とは いのちのつながり」
 東城百合子氏(「あなたと健康」主幹、自然食・自然療法研究家)

■開催日時:
本年11月22日(土) 13:00 PM - 16:00 PM(12:30開場)

■開催場所:
帝京平成大学 (池袋キャンパス内)
冲永記念ホール
東京都豊島区東池袋2丁目51−4
http://hall.thu.ac.jp/access.html
JR池袋駅東口(パルコ1F正面)出口より徒歩12分

■入場無料

■主催:あなたと健康 料理教室同窓会
■後援:東京都教育委員会、豊島区教育委員会

■お問合せ:
あなたと健康社:03-3417-5051

スポンサーサイト

PageTop

【11月22日(土)、一般社団法人日本JC日ロ友好の会主催】 日ロ政経フォーラム「日本とロシア、これからどうなる?」

【11月22日(土)、一般社団法人日本JC日ロ友好の会主催】
日ロ政経フォーラム「日本とロシア、これからどうなる?」


fff_20141015.jpg
クリックで拡大

今、日本国民が熱い視線を注いでいるのは、日ロ関係ではないでしょうか?
日本とロシア両国の友好関係構築のため、学生相互交流などを開催してきた当会は、
このたび下記の要綱でフォーラムを開催いたします。
ぜひ、会場まで足をお運びください。

■日ロ政経フォーラム
「日本とロシア、これからどうなる?」

■日 時:11月22日(土)17:30~19:00(17:00開場)

■会 場:ホテルルポール麹町(東京都千代田区平河町2-4-3 ℡03-3265-5361)

■入場料:無料

【基調講演】
モロジャコフ・ワシーリー(拓殖大学日本文化研究所教授)
「ロシアのこと、ロシア人に聞かなくてどうするの?」
「日本の神道を、なぜロシア人は理解できるのか?」

【パネルディスカッション】
 「日本企業にとってロシアはどんな市場なのか?」

パネリスト:上村雅幸氏(ミナト国際コンサルティング 代表取締役)
ミナト国際コンサルティング→ http://www.minato-consulting.com/

パネリスト:田代雅章氏(株式会社JSN 代表取締役)
      株式会社JSN→ http://www.jsn.co.jp/

パネリスト:河崎雅樹氏(日本JC 真の経済復興創造委員会 委員長)
      日本JC真の経済復興創造委員会→ http://www.jaycee.or.jp/2014/revival/

■主催:一般社団法人日本JC日ロ友好の会
■お問合せ先
一般社団法人日本JC日ロ友好の会 
担当者:小田剛(go@gekkabizin.net

PageTop

「第一回 拝啓。岸和田から参ります。」 平成26年11月4日(火)・5日(水)

「第一回 拝啓。岸和田から参ります。」

平成26年11月4日(火)・5日(水)


aSCAN0690.jpg
クリックして拡大

大阪・岸和田市は「だんじり祭」が全国的に知られておりますが、
それに伴う伝統技術や芸術面においてはあまり発信されてきませんでした。
日本全国にはこのように、まだまだ世界に誇り得る
伝統技術・芸能・芸術が沢山埋もれております。
本企画が「埋もれた日本の財産」を世界に発信していく足掛かりとなることを
願っております。

【開催タイトル】
「第一回 拝啓。岸和田から参ります。」

【日時】
平成26年11月4日(火)・5日(水) …下記参照

【場所】
東京・衆議院第一議員会館
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkaimap.htm

【内容】
和太鼓展示・製作実演、だんじり彫刻実演、だんじり祭之絵作品展、
特別講演

・・・・・・・・・・・・・・・・
4日 10時~16時
【彫刻実演】10時~ (賢申堂 河合申仁)
【和太鼓製作実演】14時~ (太鼓正)

5日 10時~16時
【彫刻実演】10時~ (賢申堂 河合申仁)
【講演・民の謡 森田玲】12時~約1時間半 祭は文化のタイムカプセル〜岸和田ダンジリに見るニッポンの底力!
【和太鼓製作実演】14時~ (太鼓正)

両日
【だんじり祭之絵展示】(意匠 六覺千手)
【その他展示】だんじり彫刻・彫刻下絵・各種和太鼓・泉州物産PR 等


展示会:
衆議院第一議員会館 10階1018号室 維新の党 会議室

講演会場:
衆議院第一議員会館 B1階 第6会議室

問合せ先:遠藤敬事務所 直通 03-3508-7325 内線 50415 
東京都千代田区永田町2-2-1衆1-415号室

※遠藤たかし公式ブログ
http://blog.livedoor.jp/akitadog/

【主催】衆議院議員 遠藤 敬
【企画】鼎プロジェクト
(「賢申堂:河合申仁」「民の謡:森田玲」「太鼓正:南本庸介」「REALIZE:坂口龍矢」「意匠 六覺千手:六覺千手」)

bSCAN0690.jpg
クリックして拡大

PageTop

東京JC主催10月30日開催 「教育再生!!私達は親として子供達にこう教えたい」

東京JC主催10月30日開催 「教育再生!!私達は親として子供達にこう教えたい」
教育再生!!私達は親として子供達にこう教えたい
-親から子へ、子から親へ、当たり前に家庭で道徳が育まれるには


reikaian10-02.png

http://www.tokyo-jc.or.jp/2014/index.php/regular/2014_10-03/

第1部 基調講演 八木 秀次氏(麗澤大学教授)
・文部科学省が考える道徳教科化の進捗と問題点
・効果的な道徳教育とは・教科書採択の重要性

第2部 東京青年会議所による道徳プレ授業~私達はこう考え・こう考えたい~
・荒川区委員会:養護教育から学ぶ道徳
・江戸川区委員会:歴史から学ぶ道徳
・江東区委員会:食育から学ぶ道徳
・目黒区委員会:コミュニケーションから学ぶ道徳
・教育政策委員会・台東区委員会:いじめを止める「ライブ絵本~ぼくの物語~」から学ぶ道徳

第3部 基調講演 松居 和氏
・子育ての重要性と0歳児を授かる理由
・親心を育むには
・一日保育士体験

第4部 質疑応答とアンケート

日時:2014年10月30日(木)
開場18:00 開会18:30 閉会21:00

参加費:無料

場所:六本木ハリウッドホール
東京都港区六本木6-4-1六本木ヒルズハリウッドビューティープラザ5階
http://www.hollywood.ac.jp/access/

主催 公益社団法人東京青年会議所
共催 教育再生をすすめる全国連絡協議会
主管 公益社団法人東京青年会議所 第四地区室
荒川区委員会、江戸川区委員会、江東区委員会
台東区委員会、目黒区委員会

後援・協力 東京都教育委員会・一般社団法人日本教育再生機構・一般社団法人東京都民間保育園協会・学校法人メイ・ウシヤマ学園ハリウッド大学院大学・代々木高等学院・株式会社学研教育みらい

※お問い合せは、公益社団法人東京青年会議所まで
電話:03-5276-6161 FAX:03-5276-6160 E-mail:office@tokyo-jc.or.jp

PageTop

教育再生9月号(第76号) 9月8日(月) 刊行!!

教育再生9月号(第76号) 9月8日(月) 刊行!!

kyoiku2610-1-1.jpg


■≪巻頭言≫  国の行く末を左右する教育改革
 石井昌浩(教育評論家・日本教育再生機構副理事長)

■教育再生のこれまで、そしてこれから
 下村博文(文部科学大臣)
下村 何よりもこのビジョンの実現を通じ、将来への不安や希望が見えない状況を打破し、日本の将来を明るく活力あるものにすることにより、子供・若者を含め日本の社会に夢と自身を取り戻すことが何より大切なことなのです。そのためにも、現在、そしてこれからも「教育再生」に全力で取り組んでいきたいと思っています。

■すべての学びは家庭から 第七回
 井戸理恵子(民俗情報工学研究家)
井戸:日本人にとって、季節を知ることはとても安心に繋がります。日本人は時間に委ねて生きて来たからです。時間をひとつひとつ、おさめてきました。「時間供養」です。今日出来ることは、先延ばししない。日々ささやかなことを、押さえて終えてゆくなかで、頭の中が整理され、悩みを持ち越しません。心は安定してゆきます。

■シリーズ 偉人の俤を慕ひて①
 渡邊毅(皇學館大学准教授)
 福井市明道中学校
 橋本左内の生き方に倣い“立志”を教える


■≪好評連載≫【表紙解説・日本の心77】
 楠木正成と湊川神社の創建―大楠公の精神を伝える―

 稲貴夫(神社本庁参事)

■≪好評連載≫【日本の心 和歌の心77】
 さもあらばあれ やまとごころし かしこくは ほそぢにつけて あらすばかりぞ
 赤染衛門

 松浦光修(皇學館大学教授)

■≪好評連載≫【めざせ“マナー美人”lesson19】
 “メリハリ”をつける

 明石伸子(日本マナー・プロトコール協会理事長)
 
■教育再生“ニュース”
 ①下村博文文科大臣が留任 
 ②『私たちの道徳』活用について


■教育再生と朝日問題
 土井郁磨(日本教育再生機構事務局長)

ほか

詳しくはこちらへ
≫日本教育再生機構

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。