教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

速報! 四条畷市(大阪府)と藤沢市(神奈川県)が育鵬社を採択

速報! 四条畷市(大阪府)と藤沢市(神奈川県)が育鵬社を採択
270729.jpg

四条畷市教育委員会は、本日(7月29日)、
市内の中学校(1学年約600名)において
来年度から使用する歴史と公民の教科書として、
教科書改善の会および日本教育再生機構のメンバーらが執筆した
育鵬社の教科書を採択しました。

また、藤沢市教育委員会も、本日(7月29日)、
来年度使用する中学歴史と公民の教科書として育鵬社を採択し、
藤沢市では、前回の4年前の採択に続いて
8年にわたり育鵬社が継続使用されることになりました(1学年約3500名)。

四条畷市における育鵬社採択は、新規採択であり、
大阪府内の公立中学としては、
一昨日の東大阪市(継続)と河内長野市(新規)の公民教科書採択に続いて
3例目になります。

また、神奈川県内では、
前回の4年前に育鵬社を採択した公立中学としては、
藤沢市のほかに、神奈川県立平塚中等教育学校、横浜市があります。

屋山太郎・教科書改善の会 代表世話人のコメント
「新教育基本法と学習指導要領の趣旨に最も沿った教科書が育鵬社であるとの認識が、
教育現場において確実に広がりを見せています。
関係者の皆様のご尽力に心より感謝いたします。」


※今回、四条畷市と藤沢市で採択された
育鵬社の歴史・公民教科書の見本本を当機構で有料頒布しております。

◆お申込は、下記のページをご覧下さい。
http://www.kyoiku-saisei.jp/kyo-ikusaisei/270406.html

スポンサーサイト

PageTop

速報! 河内長野市(大阪府)が育鵬社を初採択

速報! 河内長野市(大阪府)が育鵬社を初採択
270728.jpg
河内長野市教育委員会は、昨日(7月27日)、
市内の中学校(1学年約900名)において
来年度から使用する公民の教科書として、
教科書改善の会および日本教育再生機構のメンバーらが執筆した
育鵬社の教科書を採択しました。

河内長野市における育鵬社公民採択は、新規採択であり、
大阪府内の公立中学としては、
昨日の東大阪市の公民教科書(前回採択からの継続)に続いて
二例目になります。

屋山太郎・教科書改善の会 代表世話人のコメント
「新教育基本法と学習指導要領の趣旨に最も沿った教科書が育鵬社であるとの認識が、
教育現場において確実に広がりを見せています。
関係者の皆様のご尽力に心より感謝いたします。」

PageTop

速報!東大阪市が育鵬社教科書を継続採択

速報!東大阪市が育鵬社教科書を継続採択
270727.jpg

東大阪市教育委員会は、本日(7月27日)、
市内の中学校(1学年約4400名)において
来年度から使用する公民の教科書として、
教科書改善の会および日本教育再生機構のメンバーらが執筆した
育鵬社の教科書を採択しました。

東大阪市では、すでに前回の平成23年7月に
育鵬社の公民教科書を採択しており、
8年にわたって継続使用されることになりました。

屋山太郎・教科書改善の会 代表世話人のコメント
「新教育基本法と学習指導要領の趣旨に最も沿った教科書が育鵬社であるとの認識が、
教育現場において確実に広がりを見せています。
関係者の皆様のご尽力に心より感謝いたします。」

PageTop

速報!東京都教育委員会が育鵬社教科書を採択

速報!東京都教育委員会が育鵬社教科書を採択
270724.jpg
東京都教育委員会は、7月23日、
都内の中高一貫校10校(1学年約1400名)で
来年度から使用する中学歴史および公民の教科書として、
教科書改善の会および日本教育再生機構のメンバーらが執筆した
育鵬社の教科書を採択しました。

また、視覚障害特別支援校を除く特別支援校でも、
中学歴史・公民教科書として、育鵬社が採択されました。

東京都の育鵬社の採択は、前身の扶桑社教科書が始めて使用された
平成14年から数えて、14年以上にわたって
継続使用されることになりました。

今夏の採択で、公立中学における育鵬社採択が明らかになったのは、
7月15日の栃木県大田原市教育委員会の採択につづいて
2例目になり、今後、続々と全国で採択されることが
期待されます。

屋山太郎・教科書改善の会 代表世話人のコメント
「新教育基本法と学習指導要領の趣旨に最も沿った教科書が育鵬社であるとの認識が、
教育現場でさらに広がりを見せています。
関係者の皆様のご尽力に心より感謝いたします。」

PageTop

『PRESIDENT』 平成27年8月3日号掲載 「どこが違う? 何が問題? 中学校の歴史教科書

『PRESIDENT』 平成27年8月3日号掲載
「どこが違う? 何が問題? 中学校の歴史教科書

2707242.jpg
現在、全国で行われている中学校教科書採択に関して、
教育評論家で、過去に東京書籍に在籍したことのある野田数氏は
教科書選定の問題点をこう分析する。――

詳しくはこちら(PRESIDENT Online)
http://president.jp/articles/-/15716

PageTop

栃木県大田原市が育鵬社教科書を採択

栃木県大田原市が育鵬社教科書を採択
270717.jpg
栃木県大田原市教育委員会は、
7月15日、市立中学校9校で来年度から使用する歴史と公民の教科書として
「日本教育再生機構」や「教科書改善の会」のメンバーらが執筆した
育鵬社の教科書を採択しました。

各種報道によると、教育委員会では、
「日本独自の伝統文化の内容が充実している」
「歴史・公民は過去の人々の思いや歴史を正しく理解する必要がある」
「イラストなどを多く用い、歴史を体感できる」
「国や郷土を愛する日本人として誇りを持ち、思いやりにあふれる子どもに育ってほしい」などと、育鵬社に賛成する声が多数を占めました。
大田原市において、来年度より育鵬社教科書を使用する中学生は
約700人に上ります。

大田原市では、平成17年に育鵬社教科書の前身である扶桑社教科書が採択されて以来、
10年以上にわたり継続して使用されることとなりました。
前回の4年前の採択でも、
育鵬社の採択は、大田原市が最初の採択となり、
その後、公立では、神奈川県藤沢市や横浜市、大田区をはじめ
全国11都府県、19地区において採択
(シェアは全体の4%程度)されました。

屋山太郎・教科書改善の会 代表世話人のコメント
「新しい教育委員会制度のもとで行われた最初の教科書採択において、
教育基本法や新学習指導要領に最も適合している育鵬社教科書を支持していただいた
関係者の皆さまに深く感謝いたします。」

PageTop

公益社団法人日本青年会議所2015年度国史会議 ≪入場無料!≫ サマーコンファレンス 2015  歴史教育改革フォーラム@パシフィコ横浜会議センターメインホール 7月18日 15 : 20~16 : 45

公益社団法人日本青年会議所2015年度国史会議
≪入場無料!≫ サマーコンファレンス 2015 
歴史教育改革フォーラム@パシフィコ横浜会議センターメインホール
7月18日 15 : 20~16 : 45

270714.jpg

浅野温子氏による神話の『よみ語り』をはじめ、
八木秀次氏・山本朋広氏らによるパネルディスカッションを通じて、
国史を学ぶ意義と理想とすべき歴史教育の姿を明らかにし、
歴史教育改革へ向けた機運を高め、
イノベーションを起こす思考を喚起します。

事前登録により、どなたでも入場無料でご参加いただけます。
下記ページより多くの皆さまにご登録をお願いいたします!
https://www.summerconference.jp/yoyaku/ippan

浅野温子 よみ語りとは…

人々が、今よりずっと大らかだった遥かいにしえの神話物語を、
平成の語り部・浅野温子が時に激しく、時に切なく、
また、時に優しく愛しみながら語ります。

浅野温子よみ語りは、単なる朗読劇ではなく、
浅野氏が一人で様々な登場人物を演じる"一人語り舞台"であり、
古くから人々の集う場として日本人の心の拠りどころである、
神社や世界遺産、また名所旧跡や庭園などを舞台として開催されています。

当日は『日御子 イワレビコとイツセ、東を目指す』を演目とし、
よみ語りを披露して頂きます。

浅野温子 よみ語り公式サイトはこちらから↓
http://www.ikushimakikaku.co.jp/asano_atsuko_yomigatari/

浅野 温子
女優・國學院大學客員教授
1977年ドラマデビュー。以後、数々の映画やドラマに出演。98年からは舞台にも意欲的に取り組む。2003年から『古事記』や日本の古典を題材とした『よみ語り』の舞台を、全国の神社などで続けている。

【著作・DVD】
「浅野温子よみ語り」宮崎公演記念DVD発売中
著書に『わたしの古事記』PHP研究所(2013年)

スピーカー
八木 秀次
麗澤大学教授 専門は憲法学、法思想史
一般財団法人「日本教育再生機構」理事長、
フジテレビジョン番組審議委員、産経新聞正論メンバー

スピーカー
山本 朋広
衆議院議員、文部科学大臣政務官 兼 復興大臣政務官
2005年、衆議院議員総選挙(近畿ブロック)において初当選。2012年、衆議院総選挙(南関東ブロック)において2期目当選。2014年より文部科学大臣政務官 兼 復興大臣政務官。2014年3期目当選果し、現職。

PageTop

教育再生7月号(第86号) 7月9日(木) 刊行!!

教育再生7月号(第86号) 7月9日(木) 刊行!!
kyoiku2707.jpg
■≪巻頭言≫
 如何に生きるかを問う

 長曽我部延昭(神道政治連盟会長)

■道義大国を目指して
 稲田朋美(自由民主党政務調査会長・衆議院議員)
「道義大国」になることは、日本は十分に可能であるということを、東日本大震災での被災地の皆さんが教えてくれました。目指すべき国のかたちが、あのときの被災地には集約されていたと思います。道義心、道徳心、倫理観によって、世界の国々から尊敬される日本を、私たちは目指すべきです。ただし、そのために重要なのは、何よりも教育であり、そして教科書なのです。

■すべての学びは家庭から 第十五回 
 子供がこれからの時代を生きる力を育むことが親の役目です。

 由佐美加子(合同会社ファミリーパートナー)
やはり教育は、親、そして家庭が基本だと思います。自分の命を使って生きるという、 創造の人生を生きる子育てをするために、まず親自身が変わらなければならないと考え、わたしは現在、様々な試みを仲間たちと実践しております。

■≪好評連載≫【表紙解説・日本の心86】
 二荒山神社―日本の誇る雄大な自然と文化の源―

 稲貴夫(神社本庁参事)

■≪好評連載≫【日本の心 和歌の心86】
 山口多聞

 松浦光修(皇學館大学教授)

■≪好評連載≫【めざせ“マナー美人”lesson28】
 意欲を引き出す

 明石伸子(日本マナー・プロトコール協会理事長)

■教育再生の窓
 不当な採択妨害には毅然とした対処を!

 宮崎正治(日本教育再生機構常務理事)

ほか

詳しくはこちらへ
≫日本教育再生機構

PageTop

東京都教委が「教科書調査研究資料」を公表:育鵬社が人物数、文化遺産などで1位

東京都教委が「教科書調査研究資料」を公表:育鵬社が人物数、文化遺産などで1位
270707.jpg
都教育委員会では、今夏の中学校教科書採択の参考となる
「教科書調査研究資料」を作成しており、
都教委のホームページ上で公開された同資料の数値によると、
育鵬社が、歴史上の人物数や文化遺産などで
第1位となる評価を受けていたことが分かりました。

同資料では、そのほかにも、
「国旗・国歌の扱い」や「神話・伝承」「拉致問題」「五輪・パラリンピックの扱い」
等の項目も、記述の有無などを一覧化しています。

都教委によると、
「採択権者による実際の採択に、より参考になるもの」として、
区市町村教委や都内私立中などに配布することで、
適切な採択が行われることを促すとしています。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shidou/28_31textbook.htm

この「調査研究資料」は、
学習指導要領の目標や東京都教育委員会の基本方針等をふまえて、
概括的に各教科書について調査研究を行ったもので、
歴史においては、検定合格した8社について調査した結果、

・「歴史上の人物を取り上げている箇所数」
・「現在に伝わる文化遺産を取り上げている箇所数」

において、育鵬社がそれぞれ「722」、「802」となっており、
数値上では、第1位になっています。

また、
・「国際関係・文化交流を取り上げている箇所数」
が、「184」で第2位、
・「東京に関する歴史的事象(身近な地域の歴史)を取り上げている箇所数」
が、「72」で第2位(同数)となっています。

さらに、公民でも、
・「法律・条例、制度や仕組みの名称を取り上げている箇所数」
・「現代社会における具体的な事実(事件)や課題を取り上げている箇所数」
が、それぞれ「241」、「129」で第2位、
・「宗教や伝統文化について取り上げている箇所数」
は、「166」の1位であり、
2位の「79」の他の教科書やそれ以下の教科書を
大きく引き離しています。

東京都のほかにも、神奈川県教委による同様の調査結果
(「教科用図書調査研究の結果(平成28・29・30・31年度用)」)
も、すでに公表されており、
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6670/p323985.html
そこでも育鵬社は、歴史的分野では
・「身近な地域の歴史を調べる(数)」
が、「6」で2位(同数)、
・「人物(全時代計)」
が、「539」で1位、
・「(神奈川県に)関連する資料や記載事項(数)」
が、「44」で2位、
・「(同)人物( 関連の深い人物)」
でも、1位(同数)となっています。

このように、都道府県教育委員会のレベルの調査研究において
育鵬社は、高い評価を受けており、
全国各地で、安心して採択できる教科書内容であることが
あらためて客観的に証明されていると考えられます。

PageTop

DVD:育鵬社歴史・公民教科書出版記念&採択に向けた集い 「あなたのまちにも育鵬社教科書を!」が完成

DVD:育鵬社歴史・公民教科書出版記念&採択に向けた集い
「あなたのまちにも育鵬社教科書を!」が完成

270703kks.jpg
5月13日、東京六本木・ハリウッドホールにて
約300名が参加したシンポジウム の模様を完全収録!
(主催:教科書改善の会、一般財団法人日本教育再生機構)

■最新版育鵬社教科書の特長とは?
■教科書はどのように変わったのか?
■新しい教育委員会制度、学習指導要領の下における
教科書採択はどうあるべきか?

育鵬社教科書の執筆者や関係者の
教科書改善に込める思いを
映像を通してお伝えします。
今夏の中学校採択について考えて、運動を進めるのに、
最適な内容を皆様にお届けします!

頒価2000円(送料込)  収録時間2時間17分

《内容》
主催者挨拶:教科書改善の会 代表世話人、政治評論家 屋山太郎

紹介:教科書はこれだけ変わった
麗澤大学教授、一般財団法人日本教育再生機構理事長 八木秀次
玉川大学客員教授 小林弘和

シンポジウム:「あなたのまちにも育鵬社教科書を! “日本がもっと好きになる教科書”を全国に届けよう」     
 《パネリスト》
衛藤晟一(参議院議員、日本の前途と歴史教育を考える議員の会会長代行)
伊藤 隆(東京大学名誉教授、育鵬社歴史教科書編集会議座長)
川上和久(明治学院大学教授、育鵬社公民教科書編集会議座長)
  《コーディネーター》
八木秀次

全体討論、懇親会

◎DVDタイトル:
育鵬社歴史・公民教科書出版記念&採択に向けた集い
「あなたのまちにも育鵬社教科書を! ~“日本がもっと好きになる教科書”を全国の子供たちに届けよう~」
頒価 2000円(送料込)  収録時間 2時間17分

このDVDをご希望の方は
「5/13あなたのまちにも育鵬社教科書をDVD希望」と明記の上、
お名前・注文枚数・住所・TEL(FAX)・メールアドレスなどをご記入の上、
下記までお申し込みください。

【FAX】 03-3835-2436
【mail】 office@kyoiku-saisei.jp
【電話番号】 03-3835-2435
【郵 送】 〒110-0015 東京都台東区上野1-17-1 大湖堂ビル4階 
      一般財団法人日本教育再生機構
お支払いは、DVDをお届けの際に同封いたします
郵便振替「払込取扱票」にてお願いいたします。
お問い合せは、
電話:03-3835-2435か、E-mail:office@kyoiku-saisei.jp まで。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。