教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教科書改善シンポジウム大阪 育鵬社版歴史・公民教科書出版記念行事 「日本がもっと好きになる教科書」誕生 ~『新しい日本の歴史』『新しいみんなの公民』の魅力を語る~ =6月18日(土)開催のお知らせ=

osk.jpg


教科書改善シンポジウム
育鵬社版歴史・公民教科書出版記念行事
「日本がもっと好きになる教科書」誕生
~『新しい日本の歴史』『新しいみんなの公民』の魅力を語る~

◆開催趣旨
 この三月、来春から中学校で使われる教科書の検定結果が発表されました。このシンポジウムでは、その検定に合格した育鵬社版の歴史・公民教科書の魅力を、たっぷりとお伝えします。
 今夏には、今回の検定を受けた教科書採択が控えております。そこで全国の教育委員会および私立学校で、来年度から使われる教科書が決まることになります。
 平成十八年に、約六十年ぶりに改訂された教育基本法には、「教育の目標」として「伝統と文化を尊重」と書き加えられ、「公共の精神」が明記されました。これらの精神を忠実に内容に反映した育鵬社版の歴史・公民教科書こそが、ひとりでも多くの中学生に届くこと、それが引いては明日のよりよい日本を創っていく礎になると考えております。
 五月十日(火)に東京六本木・ハリウッドホールで行われた同行事には、約550名が参加し、その後の懇親会にも約200名が参加するという大盛況の会合となりました。その評判から、ぜひ大阪の方でも開いて欲しい!という声が多く寄せられたことから、今回開催の運びとなりました。 
 皆様ひとりひとりの声が集まり、大きくなることで確実に教科書採択に影響を与えることができます。そのためにもぜひこのシンポジウムにご参加いただき、育鵬社版歴史・公民教科書の魅力を知っていただければと思っております。      
                                            
◆登壇者                                      
 ・屋山太郎氏(政治評論家 教科書改善の会代表世話人)
 ・伊藤 隆氏(東京大学名誉教授 歴史教科書編集会議座長)
 ・中西輝政氏(京都大学教授 日本教育再生機構顧問)
 ・高市早苗氏(衆議院議員 元内閣府特命担当大臣)
 ・八木秀次氏(高崎経済大学教授 日本教育再生機構理事長)

 なお、会場では育鵬社の歴史・公民教科書(『新しい日本の歴史』『新しいみんなの公民』)の市販本のご購入をいただけるようになっております。
 皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

(※今回は、大阪会場となりますので、ご参加のお申込先やお問い合わせは、 下記の「日本教育再生機構 大阪」あてとなります。何とぞご確認ください。)

◆日 時  6月18日(土) 15時開会(14時半開場)

◆会 場  大阪市立こども文化センターホール
        〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江4-2-9
        TEL:06-6531-5975   http://www.ko-bun.jp/access.html  

【行き方】 大阪市営地下鉄:千日前線「西長堀駅」7号出口から北へ40m
     長堀鶴見緑地線「西長堀駅」3号出口から南へ50m

◆シンポジウム参加費   1,000円(当日会場にてお支払い下さい。機構大阪会員は無料)

◆懇親会費   5,000円(当日会場にて、お支払い下さい。事前登録が必要です。)
※シンポジウム閉会後、引き続き別会場にて懇親会を開きます。登壇者や役員の先生方も参加します。ぜひご参加ください。なお懇親会費は、シンポジウムとは別途のお支払いになります。

◆お申込み方法
参加ご希望の方は、下記項目をご記入の上、お申込みください
○郵便番号   ○ご住所  ○お名前  ○お電話番号  ○シンポジウム参加人数  (複数人で参加される方は、代表者様のお名前と参加人数をご明記ください。)  ○懇親会参加の有無、あるいは参加名

【FAX】072-266-8534
【E-Mail】kyoiku-saisei.osaka@chime.ocn.ne.jp
【郵 送】〒592-0014 大阪府高石市綾園2-6-10高石商工会議所4階
     一般財団法人日本教育再生機構 大阪 シンポジウム係
【お問合せ電話番号】 072-266-8228(日本教育再生機構大阪)

◆主 催◆ 教科書改善の会 一般財団法人日本教育再生機構大阪
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。