教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

都立高テキスト「南京」記述がさらに訂正か : 東京都教委

産経新聞が報じたところでは(3月17日都内版)、東京都立高で使われている都教委独自のテキスト 『江戸から東京へ』にある「南京事件」の記述について、東京都の大原正行教育長は16日の都議会文教委員会で
「さまざまな意見、評価のある事柄については最新の学説も踏まえ、所要の改訂を行っていく」 と述べ、見直す可能性を示唆しました。

新年度から使われる改訂版で「日本軍が中国の兵士や非戦闘員を殺害する事件が起こった(南京事件)」と記載があることについて、
野田数(かずさ)委員(自民)が
「見解が分かれる事柄を掲載するのは望ましくない」
と質したのに対し、答えたものです。
<3月17日産経記事>
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120317/tky12031700520001-n1.htm

すでに当機構では、23年度版『江戸から東京へ』に「日本軍が中国の兵士や民間人多数を殺害」 とあった記述に対して、訂正を求めていたところ(教育再生誌昨年11月号)、
改定版で上記のように部分的に訂正されていましたが、野田都議の今回の質問により、今後、さらなる見直しが進んでいく可能性が出てきました。

なお、最新版『江戸から東京へ』にマッカーサー証言やハル・ノートのソ連作成説が追加されたことなどは『教育再生』3月号でも報じています。
http://www.kyoiku-saisei.jp/index.html
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。