教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第6回日本文明論シンポジウム「縄文1万年の文化力~今につづく日本文明の基層~」 の模様を完全収録したDVDが完成!

joumon.jpg

 7月1日(日)、東京・池袋の帝京平成大学・冲永記念ホールで開催され、約400名が参加したシンポジウム「縄文1万年の文化力~今につづく日本文明の基層~」の模様が完全収録されたDVDが完成しました。
 
 本シンポジウムは次回採択に向けた教科書改訂事業の第一弾として、現在の日本文明の基層を形作った「縄文」を見直すために行われました。 伊藤隆氏(東京大学名誉教授)をコーディネーターとして、パネリストである
日本考古学研究の第一人者である小林達雄氏(國學院大學名誉教授)、 直木賞作家の長部日出雄氏、 拓殖大学国際学部教授の呉善花氏が登壇され、
縄文文化の豊かな魅力について、たっぷりと語ってもらいました。  参加者の方々から、 「縄文時代についての見方が大きく変わりました」 「縄文文化を通して、日本の歴史を考えることで、  日本らしさ・日本人らしさがどこからきたものなのか分かりました」 「日本人の感性の土台になっているのが1万年の縄文文化であることが良く分かった」 「日本の歴史の中で、縄文文化は印象が薄かったが、今の日本を作り上げてくれた大事な文化だったことを痛感しました」 など、多くの感想をいただいた本シンポジウムを、ひとりでも多くの方々に観ていただきたいと思います。 


■タイトル:第6回日本文明論シンポジウム 
       縄文1万年の文化力~今につづく日本文明の基層~

■内容
【主催者代表挨拶】屋山太郎(教科書改善の会 代表世話人)
【問題提起】 八木秀次(日本教育再生機構理事長・高崎経済大学教授)
         「これでいいのか教科書の古代史記述」
【シンポジウム第一部・パネリスト提言】
 小林達雄(國學院大學名誉教授)「世界史における縄文の文化力」
 長部日出雄(直木賞作家)「『古事記』神話と縄文文化」  
 呉善花(拓殖大学国際学部教授)「縄文思想が世界を変える」
【シンポジウム第二部・全体討論】
コーディネータ― 伊藤隆(東京大学名誉教授)
【主催者代表謝辞】石井昌浩(日本教育再生機構副理事長)
 
■頒価 2,000円(送料込) 
■収録時間3時間11分
■制作:日本文化チャンネル桜

このDVDをご希望の方は「縄文シンポDVD希望」と明記の上、お名前・注文枚数・ご住所・TEL(FAX)・メールアドレスをご記入の上、下記までお申し込みください。 【mail】  office@kyoiku-saisei.jp
【FAX】 03-3835-2436 【電話番号】 03-3835-2435 【郵 送】 〒110-0015 東京都台東区上野1-17-1 大湖堂ビル4階         一般財団法人日本教育再生機構  お支払いは、DVDをお届けの際に同封いたします郵便振替「払込取扱票」にてお願いいたします。 

 お問い合せは、 電話:03-3835-2435か、E-mail: office@kyoiku-saisei.jp まで。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。