教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教育再生実行会議、安倍総理に道徳「教科化」の提言を提出

abkmt.jpg
安倍総理大臣に提言を手渡す鎌田薫教育再生実行会議座長


 安倍内閣が経済再生と並ぶ最重要課題とする教育再生政策について議論を行う「教育再生実行会議」(座長:鎌田薫早大総長)の第3回目の会議が、2月26日、首相官邸において開かれ、いじめ対策や体罰防止に関する第一次提言が、安倍総理大臣に対して手渡されました。

 すでに報道されているように、提言では、いじめ対処としての基本法の制定、道徳の「教科化」、体罰禁止の徹底にむけて国としての部活動指導のガイドライン策定などを求めています。

 特に、道徳の「教科化」については、教員の指導内容に差があり、教材を充実させ、新たな枠組みで教科化するとし、その他、「食育」や家庭教育の重要性も強調されており、いじめでは警察機関との連携、深刻な場合は生徒への「懲戒」「出席停止」を命じるとも明記し、学校での「指導」として認められる対応と体罰との区別化も求めています。

 また、2月22日の朝日新聞が、教員や保護者がいじめを確認した場合、新設の第三者機関に速やかに通報すると報じていた内容は、学校や教育委員会に通報し、解決されない場合は第三者機関で解決を図るなどとあり、あくまで学校や教育委員会が主体となって対処する提言になっています。

 提言に関して、冒頭、安倍晋三総理は、「スピード感を持って、実現に努力する」などと述べ、下村博文文科大臣からは、道徳「教科化」にむけた教材『心のノート』の全面改訂、学習指導要領の改訂、 いじめ対策の法律を与党と協力して制定したいとする発言もありました。

 なお、実行会議では、いじめ・体罰問題から改革の声が高まっている教育委員会制度について本格的な議論が始まり、次回は具体的な改革案についても検討を行うと見られます。

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130226/plc13022601300001-n1.htm

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130226-OYT1T00041.htm?from=ylist
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。