教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

文科省審査選定作品:(公社)日本JC「青少年版領土・領海意識醸成プログラム(小中学生版)」のお知らせ

ktc02.jpg

「これは、わかりやすい」「画期的だ」――。
今年6月、わが国の領土や領海について、学校や家庭などで、わかりやすく学べる、史上初の映像副教材ができました。

映像を作成した公益社団法人日本青年会議所「領土・領海委員会」では、いま「この国のかたち」をしっかり理解し、日本人として国益を見すえた主張のできる青少年の育成をめざし、映像プログラムとして作成しています(小中学校用は、時間30~50分程度)。
すでにこの教材は、文科省により「教育映像等審査 選定作品」として指定されています。

日本の島はいくつあるの? 排他的経済水域って? 日本の海洋資源はどれぐらい? 尖閣、竹島、北方領土の歴史は? 日本の主張がなぜ正しいの?

一目で、基礎知識が学べます。 しかも、映像のほかにも、パワーポイント、アンケート、復習用の資料などが、一つにパッケージ化された、行き届いた内容です。

入手方法は、
(1)(公社)日本JC2013年度領土・領海委員会のホームページ(http://www.jaycee.or.jp/2013/territory/)にアクセス。
(2)エントリーフォームに記入し、送信すると、
(3)資料ダウンロードサイトのアドレスが届きます。
さらに、学校だけでなく各地でも自主的に開催できるように
「開催Q&A」もついており、当委員会からの開催サポートも随時無料で行います。

詳しいお問い合わせは、
【北海道地区、東北地区、関東地区担当】
副委員長 辻村ともこ氏(e-mail  tsujimuratomoko@gmail.com
【北陸信越地区、近畿地区、中国地区、四国地区担当】
副委員長 寺尾忍氏(e-mail  shinobu.t@teraolitech.jp
【東海地区、九州地区、沖縄地区担当】
副委員長 見田昌靖氏(e-mail  masspc@mita-group.co.jp)  まで。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。