教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

≪報告≫教育再生タウンミーティングin加賀

≪報告≫教育再生タウンミーティングin加賀
250912-1.jpg

日本教育再生機構が事務局をつとめる「教育再生をすすめる全国連絡協議会」(代表世話人:須田寛JR東海相談役・渡辺利夫拓大総長)は、その中心事業として、「民間タウンミーティング」の全国開催をめざしています。
今回、第一弾として、8月25日(日)に石川県加賀市において「タウンミーティングin加賀」が開催されました(主催:日本会議石川議員連盟、教育再生をすすめる全国連絡協議会。後援:日本会議南加賀支部、石川県神社庁加賀支部)。

 会場の長生殿(加賀温泉駅前)には、約300名が集まり、登壇したパネリストからは、ふだんテレビや新聞では聞けないような、注目すべき発言や提言が数多く出されました。
 詳細は、後日『教育再生』10月号に掲載しますが、当日の発言の要旨を御報告します。

■パネリスト
山谷えり子(参議院議員・自民党政務調査会内閣部会長)
宮元陸(石川県議会議員)
北場利美(前小松市教育委員長・サンノース協業組合理事長)
山口尚彦(加賀青年会議所理事長・山口電気代表取締役)
コーディネーター:八木秀次(教育再生実行会議委員・高崎経済大学教授)

■提言① 山谷えり子氏
yamatanieriko.jpg

今年の高校教科書を見ると、
「日本はロシアとの間で北方領土、韓国との間で竹島の問題がある。尖閣諸島は中国が領有を主張している」
と、日本の領土なのかどうか全く分からない書き方です。慰安婦も「性」の相手をさせられたと、前より悪くなっています。

今年、一千人の先生と研修して分かりましたが、教室で教科書を開けない子がおり、自分の名前を漢字で書けない中学生が何人もいます。
原因は、ケータイ、スマホです。平日に5時間もやっている中学生が10%、高校で15%。世界で一番ハマっているのが日本の子供たちです。

大学生も、中国の2分の1程度しか勉強しません。日本の高校生の7割が自分に自信が持てない。中国では1割だけ。韓国で2割。米国で3割。
それはそうでしょう。日本では学校でもザワザワして学力も規範も何も身についていない。子供自身が一番よく知っています。それなのに、日本は大学が783校もあり、2、3科目の受験で入れる大学が75%もある。

高校で勉強しなくても大学に入れるし、大学でも勉強しないから、ますます自信を失う。
こんな残酷な状況を放っておけるでしょうか?
鍛えられていないから、自信を失う。自分の道を見失う。
こんな悪循環を断ち切る教育でなければなりません。

■提言② 宮元陸氏
miyamotoriku.jpg

5、6年前、地元の中学校がたいへん荒れているので視察してほしいという要望がありました。
その学校に行くと、始業のチャイムが鳴っているのに、女子学生が廊下で喋っている。校長先生が注意しても全く聞いていない。
私が注意しようとすると、校長先生が止めるんですよ(笑)。
教室では「お前、なんで来るんだ」とヤジが飛びました。

どうなってるんだと思いましたが、いわゆる「カウンセリング教育」といって、教師が生徒と同じ目線で、平等で、同じ立ち位置になっている。地元では「スクールカウンセラー」を置くのに多額の予算を組んでいるが、全然効果が上がっていない。
平成18年に、文科省は報告書を出して「ゼロトレランス」に初めて言及します。福井県のある中学校が「ゼロトレランス」を取り入れて成功しました。90件以上あった規律違反が、数件に激減しました。

本来、日本にもルールを厳しく守る教育の伝統がありました。それが戦後教育によって失われてしまったのです。
会津藩士の基本の心得「什(じゅう)の掟」には「ならぬことは、ならぬもの」という優れた教えがありました。
子供に正しい価値の教育ができるのかどうか。これが今後の教育の大きな分かれ目になります。

※宮元県議は、今年10月6日投開票の加賀市長選挙への立候補を表明しています。

(北場利美氏、山口尚彦氏の発言は、後日、掲載いたします。)
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。