教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

《報告》高知でタウンミ―ティング開催―尾﨑高知県知事があいさつ

mnkntmikc.jpg
あいさつする尾﨑正直高知県知事


11月2日、「道徳教育」をメインテーマに
「教育再生に国民の声を! 民間タウンミーティングin高知」が開催され
(於・高知商工会館。主催・教育再生をすすめる全国連絡協議会。
共催・日本と郷土を愛する高知県民の会。
後援・高知県・県教育委員会、高知市・市教育委員会)、
尾﨑正直高知県知事(来賓)をはじめ、
中澤卓史県教育長、久寿久美子津野町立中央小学校校長、
橋本修二高知県モラロジー協議会会長、
安岡富士子童謡を次世代に歌い継いでいこう会代表、
浜口卓也高知市議会議員が登壇し、
約200名の聴衆が参加しました
(コーディネーターは八木秀次当機構理事長)。

政府の教育再生実行会議の委員もつとめている
尾﨑知事は、冒頭、
「高知県は、学力テストで中学校が全国最下位、
体力テストでも最下位、少年非行率もワーストワンだった。
これを改善するために『緊急プラン』を発して、中澤教育長を中心に、
きちんと宿題をやらせ、復習させるという、
当たり前の教育を徹底することをめざした。
すると、小学校では、学力が全国平均より上になり、
中学校はまだ最下位ではあるものの、上昇率はナンバーワンとなった。」
などと、高知の教育改革の現状について述べました。

これを受けて中澤教育長は、
「私が考えていたのは、
高知県の『負のスパイラル』を好転させるのは教育しかないということ。
『知・徳・体』のうち、まず成果を上げやすい学力について、
教職員や生徒に先ず成功体験を持ってもらうことから始めて、
次に道徳教育を大きく変えるという手法をとった」
などと述べました。

続けて、久寿校長からは、実際の「道徳授業の改善」について説明があり、
橋本会長からは「恩の観念」、
安岡代表は「命をはぐくむ食」を基礎とする徳育の重要性について、
さらに浜口市議からは、議会としての教育改革への取り組みについて
それぞれ発言があり、「地域と連帯した高知の道徳教育」の具体像が
同タウンミーティングによって明らかになりました。

※詳しくは
当機構の広報誌『教育再生』12月号に掲載いたします。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。