教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

《報告》伊勢市長らが登壇!「建国記念の日」にタウンミーティング

《報告》伊勢市長らが登壇!「建国記念の日」にタウンミーティング

ise260228.jpg

2月11日に、三重県伊勢市において
「第四十八回建国記念の日:伊勢奉祝の集い」が開催され、
あわせて伊勢市民も登壇した「タウンミーティング」も開かれました
(於・いせ市民活動センター、主催・建国記念の日伊勢奉祝委員会、
協力・一般財団法人日本教育再生機構)。

冒頭、三重県の鈴木英敬知事が挨拶に立ち、
平成18年の改正教育基本法の理念に触れ、
「伝統を重んじる、道徳心、郷土を愛する、家庭が教育の第一義的責任を負うことが書かれているが、
その趣旨が国全体に浸透しているとは言い難い」と述べ、
その実現にむけた協力を求めました。

次に、当機構の八木秀次理事長が
「建国の日に日本を考える~教育の再生なくして日本の再生なし~」
と題する講演を行い、最近、安倍首相が、
国会演説等においてくり返し使っている「やればできる」という言葉は、
まず日本国民の自信を回復させるためのものであるとし、
アメリカのレーガン政権やイギリスのサッチャー政権を例に出しながら、
「いちど衰退した国が復活するにあたって、国民精神の確立と、そこからわき出る自信が何より大切であり、それには教育が果たす意義はとても大きい」
などと述べました。

続いて、伊勢市の鈴木健一市長、濱田典保氏、中村佳子氏(ともに日本会議三重伊勢支部)が登壇し、
新田均氏(皇學館大學教授)のコーディネーターのもと、
討論形式で意見が交わされました。

中村氏は、「伊勢というある意味日本の中心とも言える土地で育っていながら、
日本人が、一体どういう民族なのかを話せないことは、
本当に恥ずかしいことだ」として、
これからのグローバル化のなかで、「日本人として自信をもって
外国の人とわたり合える子供を育てる」教育に関する要望を述べました。

次に、濱田氏は、
「私自身への反省を込めて言うのだが、多くの人が、
その教育をあまりにも他人任せにしている。
自分たちの子供が学校でどのような教科書を使って、
どんな教育を受けているか、きちんと把握している親が
どれぐらいいるだろうか」と、
会場の参加者に問いかけました。
その上で、「教育現場を私達はできるだけ知るべきであり、
意見を述べさせてもらいたい。土曜日授業などで、
自分の経験を活かし、積極的に関わることができれば素晴らしいと思う」
などと述べました。

0suzukisi.jpg
鈴木健一市長(伊勢市役所ホームページより)

これらの意見を受けて、鈴木市長は、
「学校現場では、先生の仕事があまりにも過多で、
子供に向き合う仕事で忙しいのではなく、行政的な問題に対応する仕事が多く、
机の上で書類に格闘するのに時間がとられている。
それらを軽減するため、伊勢市では、
補助講師やアドバイザーを設置するなど、様々な政策を実行した。
そうした成果が出てきた今、やっと改正教育基本法の理念に
どのように向き合っていけばいいのか、
教育の中身に取り組む状況整備ができてきた。
今後の伊勢市に期待していただきたい」
などと述べました。

※詳しくは、『教育再生』3月号(3月6日発行予定)に
掲載いたします。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。