教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

天皇皇后両陛下の伊勢神宮ご参拝にともない 20年ぶりに「剣璽ご動座」 【参考】天皇陛下の宮中祭祀のご様子を 宮内庁が昨年末、映像で初公開

天皇皇后両陛下の伊勢神宮ご参拝にともない
20年ぶりに「剣璽ご動座」
【参考】天皇陛下の宮中祭祀のご様子を
宮内庁が昨年末、映像で初公開


ktss22.jpg

すでに報道されているように、
昨年行われた、20年に1度の式年遷宮「遷御の儀」をうけ、
天皇皇后両陛下が、3月25日に、
伊勢神宮をご参拝になり、
そのさいに、天皇陛下のご行幸とともに
「剣璽ご動座」が、同じく20年ぶりに行われました。

・日本テレビ
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140325-00000036-nnn-soci
・47NEWS
http://www.47news.jp/movie/general_national/post_10745/
・産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140325/imp14032523360002-n1.htm

いわゆる三種の神器は、
「八咫鏡(やたのかがみ)」
「草薙剣(くさなぎのつるぎ)(天叢雲剣、あめのむらくものつるぎ)」
「八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)」であり、
その本体は、伊勢神宮、熱田神宮(名古屋市)、皇居に安置され、
皇居には、鏡と剣の「分身」としての複製品が収められています。
産経新聞によると、
そのうち剣と璽は、
戦前までは、天皇が1泊以上の旅行で皇居を離れられる際に、
侍従が剣璽を携えて随行していましたが、
戦後長く行われず、
昭和天皇が式年遷宮に伴い神宮をご参拝された
昭和49年に復活し、神宮ご参拝に限って行われています。

【参考】
なお、宮内庁は、昨年12月、
天皇陛下が80歳の傘寿(さんじゅ)のお誕生日を
迎えられたことを受けて、
80年間にわたるお歩みのほか
宮中祭祀のご様子の一部
(昨年の式年遷宮と同日におこなわれた神嘉殿でのご遙拝、
新嘗祭「神嘉殿の儀」)を
初めて映像で公開しています。

・テレビ報道
http://www.dailymotion.com/video/x18qr6r_20131223%E5%86%85%E5%A5%8F%E3%82%84%E6%96%B0%E5%98%97%E7%A5%AD-%E6%98%A0%E5%83%8F%E3%81%A7%E5%88%9D%E5%85%AC%E9%96%8B_music

・政府インターネットテレビ:皇室チャンネル
「天皇陛下 傘寿をお迎えになって」
昨年12月23日公開(約59分)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9049.html

※内閣府大臣官房政府広報室の掲示によると、
天皇陛下の80年間のお歩みを6つのタイトル
(天皇陛下 ご即位までのお歩み,天皇陛下のお務め 象徴として,
国民と共に,鎮魂と平和,国際親善,宮中祭祀とご日常)
に分けて記録したものです。

tnhksj.jpg
天皇陛下 傘寿をお迎えになって(平成25年製作・DVD:60分)
[連絡先]
(公財)菊葉文化協会
TEL:03-5222-0012 FAX:03-5222-3530
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/koho/video.html
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。