教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

広報誌『教育再生』6月号6月6日発刊!!

広報誌『教育再生』6月号6月6日発刊!!

kyoiku2606.jpg

■≪巻頭言≫  次回採択は「日本を取り戻す」戦いである
 川上和久(明治学院大学教授)

■《特別インタビュー》縄文からつながる日本・日本人
 小林達雄(國學院大學名誉教授)
 聞き手 八木秀次(麗澤大学教授)

小林 縄文文化は、四大文明に比べて、決して文明的に劣っていたということではなく、むしろ自然と濃密な対話をして、共存共栄する素晴らしい文化があったと捉えるべきなのです。
八木 私達が学校で教えられる歴史では、世界で素晴らしい四大文明が花開いていたころ、日本ではいまだ狩猟や採集に代表される“原始的”な生活を送っており、そうした文明の知識や技術が外から入ってくることで、やっと日本も文明化へと歩みを進めたというものですが、全く違うのですね。

■いい教科書のある風景③
 『13歳からの道徳教科書』を使って、いじめについて考える

 山田誠(筑波大学附属小学校教諭)

■《特集》なにが教育現場で起こっているのか
 学びの本質に立ち返り、人づくりを
 ―特別支援教育の現状を通して―

佐藤康弘(元栃木市教育長)
発達障害児に関しても、十年後二十年後を考えれば、社会啓発活動を通して、こうした子供たちの存在を、一人でも多くの「人」が理解し受け入れる社会を築くことが、何よりも学校現場の改善につながっていくことだろう。(佐藤)

■教育再生“ニュース”
①教育委員会改革法案が成立へ向かう
②教科化に向け、超党派「道徳議連」結成へ
③大学ガバナンス改革法案が閣議決定


■≪好評連載≫【表紙解説・日本の心73】
 稲作と日本人―お米が継承する生命―

 稲貴夫(神社本庁参事)

■≪好評連載≫【日本の心 和歌の心73】
 月やあらむ 春は昔の春ならむ わが身ばかりは もとの身にして 在原業平

 松浦光修(皇學館大学教授)

■≪好評連載≫【めざせ“マナー美人”lesson15】
  コミュニケーションの基本は人をみることから~相手に感心をもつ~
 
 明石伸子(日本マナー・プロトコール協会理事長)

■《リレー連載》【すべての学びは家庭から】
 お母さんの言葉が家庭を変えます  第三回

 池内ひろ美(夫婦・家庭問題コンサルタント)

■教育再生の窓
 県教育委は採択地区の適正規模化に積極的な対応を

 宮崎正治(日本教育再生機構常務理事)

 ほか

詳しくはこちらへ
≫日本教育再生機構
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。