教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教育再生6月号(第85号) 6月8 日(月) 刊行!!

教育再生6月号(第85号) 6月8 日(月) 刊行!!

kyoiku2706-1.jpg

■≪巻頭言≫「美しい教科書」の誕生
 丸山敏秋(一般社団法人倫理研究所理事長)
人は美しいものに惹かれる。日本人にとって、美しいものは良く、良いものは美しい。育鵬社より出た中学校の歴史と公民の教科書を目にしたとき、真っ先に感じたのは、そのバランスのとれた美しさであった。かつてわれわれが使った教科書からは想像もできない。

■【報告】あなたのまちにも育鵬社教科書を
 “日本がもっと好きになる教科書”を全国の子供たちに届けよう

5月13日(水)、東京六本木のハリウッドホールにて、育鵬社歴史・公民教科書出版記念&採択に向けた集い「あなたのまちにも育鵬社教科書を!~〝日本がもっと好きになる教科書〟を全国の子供たちに届けよう~」(主催:教科書改善の会・一般財団法人日本教育再生機構)が開催され、300人を超える多数のご参加がありました。

本誌では、シンポジウムにおける伊藤隆(東京大学名誉教授・育鵬社歴史教科書編集会議座長) 、川上和久(明治学院大学教授・育鵬社公民教科書編集会議座長) 、衛藤晟一(衆議院議員・教科書議連会長代行)の3氏のご提言を中心に、本会についてご報告しています。

伊藤「4年前の採択で4%近い採択を得たことで、戦後のいびつな歴史観に、ほんの少し風穴を空けることができました。さらに完成度のあがった今回の『新編 新しい日本の歴史』が、今回の採択でより多くの子供たちの手に届き、当然の歴史教育が全国各地で行なわれることを期待しています。」
川上「『新しいみんなの公民』を読んだ子供たちが、30年後大人になったときに、あの時にあの教科書で学んだからこそ、今自分はこうやって日本という国を担っているのだ、あるいは自分が生活している地域社会をこうして担っているのだ―そのように振り返ってもらえればこれ以上のことはありません。」
衛藤「教育基本法の改正、教育委員会制度の改善を経て、いよいよ中学校の教科書採択がこの夏行なわれます。中川昭一さんや安倍総理と一緒に、日本の教育をなんとか良くしていかなければならないという強い思いで教科書議連を立ち上げたころを思い出すと、ここまで来られたことが感無量であると同時に、採択にむけていよいよ本番であるという認識です。」

■できました“理想”の教科書③
 『新編 新しい日本の歴史』にこめた“文化史観”:

 ・田中英道(育鵬社教科書執筆者・東北大学名誉教授)
 『新編 新しいみんなの公民』の特色・魅力について:
 ・磯前秀二(育鵬社教科書執筆者・名城大学副学長・教授) 
  
■すべての学びは家庭から 第14回 
 美しい言葉を響かせるために
 松永暢史(教育環境設定コンサルタント)

■≪好評連載≫【表紙解説・日本の心85】
 瑞穂の国の未来へ向けて―「泥の文明」の視点から― 
 稲貴夫(神社本庁参事)

■≪好評連載≫【日本の心 和歌の心85】
 東條英機
 松浦光修(皇學館大学教授)

■≪好評連載≫【めざせ“マナー美人”lesson27】
 大切にする
 明石伸子(日本マナー・プロトコール協会理事長)

■教育再生の窓
 「地方創生は教育再生から」につながる教科書採択に
 宮崎正治(日本教育再生機構常務理事)

ほか

詳しくはこちらへ
≫日本教育再生機構
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。