教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教育再生8月号(第87号) 8月7日(金) 刊行!!

教育再生8月号(第87号) 8月7日(金) 刊行!!
kyoiku2708.jpg
■≪巻頭言≫ 走り去る教育改革
 岩野伸哉(全日本教職員連盟委員長) 

■地域で子供を育てる
 貝ノ瀬滋(内閣官房教育再生実行会議委員・前三鷹市教育委員会委員長)
 石井昌浩(教育評論家・日本教育再生機構副理事長)
石井 何事も行政任せ、人任せの国民意識の転換を図り、地域の現場でものごとを解決する仕組みは、本当に今の日本に必要なものです。新たな地域共同体の「再創造」にむけた第一歩として、「スクール・コミュニティ」は、とても有効な構想です。
貝ノ瀬 地域に住むすべての人が、その地域の子供たちの教育に責任を持っているという当事者意識を強くもち、行動すること。そして、自分たちが住む地域の「よさや強み」を自覚し、子供たちに、しっかり伝えていくこと。このような〝地域で子供を育てる〟コミュニティが、日本中すべてに広がることが「教育再生」であり、それが「日本再生」につながっていくのだと思っています。

■昭和20年8月15日 我が国の繁栄への出発点、奇跡の玉音放送
 川上和久(明治学院大学教授・日本教育再生機構副理事長)
昭和20年8月15日の玉音放送は、今日の我が国の繁栄への第一歩としての、奇跡のスタートだったといえよう。戦後70年、我が国は、平和国家としての道を歩んできたが、その精神の原点は、まさに、この玉音放送と、終戦の詔書を拝した鈴木首相の内閣告諭や「大詔を拝して」にあるといえよう。
 
■すべての学びは家庭から 第16回 
 心を支える親からの言葉

 本荘そのこ(フリージャーナリスト)
私が聞いてきたこれらの言葉は、本当に慈愛に満ちています。それは、真剣にその子のことを見ていなければ出てこないものです。あなたのことを愛していますということが様々なかたちになって、子供に伝えられ、心の土台=自己肯定感として大人になってからもずっと生き続けているのです。

■≪好評連載≫【表紙解説・日本の心87】 
 終戦七十年と靖国神社 戦歿者への慰霊と感謝  

 稲貴夫(神社本庁参事)

■≪好評連載≫【日本の心 和歌の心87】
 福田周幸

 松浦光修(皇學館大学教授)

■≪好評連載≫【めざせ“マナー美人”lesson29】
 辛いという字

 明石伸子(日本マナー・プロトコール協会理事長)

■教育再生の窓
 採択結果の検証から次回の採択戦は始まっている!

 宮崎正治(日本教育再生機構常務理事)

ほか

詳しくはこちらへ
≫日本教育再生機構
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。