教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

速報! 新居浜市が育鵬社を初採択、 四国中央市は継続

速報! 新居浜市が育鵬社を初採択、四国中央市は継続

270816.jpg

新居浜市教育委員会は、本日(8月12日)、
市内の中学校(1学年約1200名)で
来年度から使用する中学歴史の教科書として、
教科書改善の会および日本教育再生機構のメンバーらが執筆した
育鵬社の教科書を初めて採択しました。

また、同じ愛媛県の四国中央市では、
育鵬社の歴史と公民教科書を採択し、
四国中央市では、前回の4年前の採択に続いて
8年にわたり育鵬社の教科書が使われることになりました。

これで今回の育鵬社採択は(概数、公立1学年)、

7/15 大田原市    700(歴史・公民)
7/23 東京都立中  1400(歴史・公民)
7/27 東大阪市   4400(公民)
    河内長野市  1100(公民) ※新規
7/29 四条畷市    600(歴史・公民) ※新規
    藤沢市    3500(歴史・公民)
7/31 呉市     2000(歴史・公民)
8/5  大阪市   18000(歴史・公民) ※新規
    横浜市   27000(歴史・公民)
8/7  武蔵村山市  700(歴史・公民)
8/11 松山市    5000(歴史) ※新規
8/12 新居浜市   1200(歴史) ※新規
    四国中央市   900(歴史・公民)

計 13地区 歴史 61000  公民 60300

となり、すでに前回採択のシェア率の約4%を超えて
5%を上回る採択率となっています。

なお、大阪市教育委員会では、
先週採択した市内の中学校(1学年約18000名)のほかに、
昨日、市立中高一貫校の「咲くやこの花中学校」(1学年80名)
および市立の特別支援学校中学部での
育鵬社の歴史と公民の採択を決定しています。

※今回、新居浜市や四国中央市などで採択された育鵬社の歴史・公民教科書の見本本を
当機構で有料頒布しております。


◆お申込は、下記のページをご覧下さい。
http://www.kyoiku-saisei.jp/kyo-ikusaisei/270406.html
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。