教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

育鵬社・片桐社長のあいさつ

扶桑社・育鵬社の片桐松樹社長のあいさつ文が当会に届きましたので掲載させていただきます。


                            平成19年8月吉日

   教科書事業の継続と新会社「育鵬社」の設立について

                       株式会社 扶桑社
                       代表取締役社長 片桐松樹
 
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて扶桑社では、「新しい歴史教科書をつくる会」の提案を受け、教科書改善の一石を投じるべく、これまで二度にわたり中学校の歴史・公民教科書の発行を行ってまいりました。
 他方、昨年12月に60年ぶりに教育基本法が改正され、「公共の精神の尊重」と「我が国と郷土を愛する態度を養う」という条文が付け加えられました。当社の現行教科書は、その精神に最も適していると自負しているところでありますが、この改正教育基本法に基づき、新しい学習指導要領が定められ、次回の新しい教科書が発行される段取りとなっています。
そこで、本年8月1日に扶桑社の100%出資の新会社「育鵬社」を設立し、この会社で新しい教科書作成に取り組んでまいります。命名の由来は、「子供たちよ、大きく育て!」という願いを込めております。
 この育鵬社の教科書事業を支援していただく「教科書改善の会」(正式名称、改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会、代表世話人=屋山太郎氏、現時点の賛同者114名)も7月24日に発足いたしました。
 次回の新しい教科書の発行に当たり、従来のパートナーである「新しい歴史教科書をつくる会」には、一貫してご協力のお声かけをさせていただいておりますが、現在のところ、独自の道を歩みたいと言われております。
当社としましては、これまで以上に各界の賛同を得て、幅広い知恵をいただき、採択において理解が深められる、より完成度の高い教科書づくりを進めてまいりたいと存じております。
なお、二度目の平成18年より供給を開始した現行教科書に関しましては、供給が完了するまで、引き続き扶桑社で発行してまいります。
 育鵬社の経営には、私が代表取締役社長として携わってまいります。
 これまで扶桑社にいただきましたご愛顧に深く感謝申し上げますとともに、教科書発行を通して教育再生の一助を担う育鵬社に、一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 末筆ながら、くれぐれもお体をご自愛下さいますよう、お祈り申し上げます。
                                     敬具
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。