教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

愛媛県今治市・上島町で扶桑社版歴史・公民教科書が新たに採択

愛媛県今治市・上島町で扶桑社版歴史・公民教科書が新たに採択

fk-rko.jpg


 8月27日、愛媛県今治地区(今治市・上島町)において新たに使用する中学校教科書として扶桑社版歴史・公民教科書が採択されました。同地区では来年春から2年間使用されます。
 
 また同日、愛媛県教育委員会において、県立中学校の歴史・公民教科書に扶桑社教科書を継続採択することが教育委員会の全員一致で決定されました。
 愛媛県では平成13、14、17年度用に扶桑社教科書が採択されており、県立中学では8年前から使用されています。
 
 なお、扶桑社教科書は、公立中学では、7月9日に栃木県大田原市(歴史・公民)、8月12日に東京都杉並区(歴史)、8月14日に東京都(歴史・公民)において継続採択が決定しています。
 私立中学では、8月25日に大阪市住吉区の私立浪速中学校が新規に採択し(歴史・公民)、同じ大阪市内の天王寺区の私立清風中学校は、平成14年度より扶桑社公民教科書を使用しており、来年度以降の継続採択をすでに決定しています。
 このほか、前回採択した私立中学でも、ほぼ継続採択される状況です。


産経新聞記事 8月27日付
育鵬社ウェブサイト
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。