教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

御礼-教科書改善シンポは盛会でした

20070930180157.jpg
▲700人の来場者で埋まった会場
20070930194616.jpg
▲主催者代表あいさつをする屋山太郎代表世話人
 
9月29日、東京・六本木のハリウッドビューティープラザで開かれた「教科書改善の会発足記念 教科書改善シンポジウム-教科書は今、新たなステージへ」には約700人の皆様にご来場いただき、誠にありがとうございます。会場には、改善の会賛同者、日本教育再生機構代表委員や、教科書問題に取り組む全国の有志が集まりました。質疑応答で活発なご意見、ご質問をいただいた方々にも感謝申し上げます。
関係者以外にも著名な先生方が来場されましたが、ごあいさつが行き届きませんでしたことをお詫び申し上げます。
教科書改善の会はシンポジウムの議論をもとに、扶桑社の中学校歴史・公民教科書の発行を継承する育鵬社の教科書づくりを全力で支援する所存です。
 
シンポの内容から、元文部科学大臣、中山成彬先生のあいさつの一部をご紹介します。

○激励と連帯のあいさつ 元文部科学大臣・中山成彬
きょうは雨の中、たくさんの方が集まっておられまして、本当にうれしいというか心強く感じた次第です。私は今から3年前になりますが、平成16年から17年、1年と1カ月、文部科学大臣を務めさせていただきました。そのときは教科書採択の年だったものですから、いろんな問題がございました。国会でも野党の議員から「扶桑社の教科書をどう思うか」と聞かれまして、「バランスがとれてると思うよ」と言うと新聞に突っ込まれるという、そういう時代でした。できるだけたくさんの学校で採択されるといいのになあと思いましたけど、反対勢力といいますか、妨害等もありまして、またいろいろと、まだまだ周知徹底がなされていなかったということもございまして、そういう意味では扶桑社にはご迷惑をおかけしたんじゃないかなと、心苦しく思っておりましたが、今回こうして教科書を作るということでご支援ご協力をいただけるということで、本当にうれしく思っている次第でございます。また、素晴らしい執筆者の先生方も並んでおられまして、今度こそ何とか、きちっとした歴史観に基づいた教科書を子供たちに提供しなきゃいかんなと、そういう思いできょうは出て参ったところでございます。(後略)


▼激励と連帯のあいさつをする中山元文科相
20070930180224.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。