教科書改善の会

改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会(代表世話人・屋山太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第4回日本文明シンポジウム 日本文明における天皇 =6月5日(土)開催のお知らせ=

日本文明と天皇シンポ 

教科書改善の会主催
第4回日本文明シンポジウム
日本文明における天皇

天皇を中心に繁栄した日本文明の歴史。いま世界史的見地からその
特質をとらえ直す!比較文明論、神話、御製、皇室制度、歴史・公民教育etc. . .

≪基調講演≫
渡部昇一 氏(上智大学名誉教授)
 天皇・皇室をめぐる歴史・社会評論の第一人者

≪パネリスト≫
平川祐弘 氏(東京大学名誉教授)
 比較文学研究の第一人者。読売文学賞、日本エッセイスト・クラブ賞など受賞多数。

長谷川三千子 氏 (埼玉大学教授)
 『からごころ』著者。『バベルの謎』で和辻哲郎文化賞受賞。

古田島洋介 氏(明星大学教授)
 大正天皇御製、漢文研究の第一人者。『大正天皇御製漢詩の基礎的研究』著者。『�外歴史文集』で島田謹二記念學藝賞受賞。

八木秀次 氏 (高崎経済大学教授・日本教育再生機構理事長)
 『国民の思想』『本当に女帝を認めてもいいのか』著者。

≪コーディネーター≫
伊藤隆 氏 (東京大学名誉教授)

◆日時◆
  6月5日(土)  
  13時30分開会(13時開場)17時00分閉会予定

◆会場◆
帝京平成大学 冲永記念ホール
  (東京都豊島区東池袋2‐51‐4)
  http://www.thu.ac.jp/okinaga/access.html
  JR池袋東口より徒歩12分
  有楽町線東池袋駅より徒歩10分

◆定員◆
  600名(先着順)
  なお、席に限りがありますので、お早めにご予約をお願いします。

◆参加費◆
  2,000円(当日会場受付にて、お支払いください)

  ※なお、日本教育再生機構の会員特典としまして、
    法人サポーター・個人サポーターの方は「ご招待」、
    準サポーターの方は「1500円に割引」とさせていただきます。
  
  (サポーター制度について詳しくは、こちらをご覧ください)
   ⇒ http://www.kyoiku-saisei.jp/support/support.html

◆お申込み方法◆
   参加ご希望の方は、下記項目をご記入の上、お申込みください。
  
   ○郵便番号
   ○ご住所
   ○お名前
   ○お電話番号
   ○参加人数
   ○備考
   (複数人で参加される方は、代表者様のお名前と参加人数をご明記ください。)

   【FAX】 03-3835-2436
   【E-Mail】 office@kyoiku-saisei.jp
   【郵送】 郵便番号 110-0015
         東京都台東区上野1-17-1 大湖堂ビル4階
         教科書改善の会 係

【お問合せ電話番号】 03-3831-7620
 ◆主催◆
   教科書改善の会
 ◆共催◆
   一般財団法人日本教育再生機構
 ◆後援◆
   帝京平成大学

 ◆開催趣旨◆
 本シンポジウムは、各方面よりご好評をいただきました
第1回「日本文明のこころとかたち」(登壇者=中西輝政・川勝平太・笠谷和比古・竹田恒泰の各先生。於東京新宿・住友ホール。平成20年6月)、
第2回「日本文明の創造力」(登壇者=村上和雄・渡辺利夫・呉善花・田中英道の各先生。於東京六本木・ハリウッドホール。平成20年11月)、
第3回「世界史のなかの江戸文明」(登壇者=芳賀徹・石川英輔・金森敦子・鬼頭宏・田中英道の各先生。於東京池袋・冲永記念ホール。平成21年11月)に引き続き、
第4弾のシンポジウムとして「日本文明における天皇」をテーマに開催いたします。
 今回のシンポジウムでは、日本文明の核心をなす天皇と皇室のご存在について、比較文化・比較文明論からの視点をはじめ、神話、万葉集、御製、皇室制度、歴史・公民教育など多彩な論点から検討し、天皇を中心に繁栄してきた日本文明の歴史をあらためて捉えなおすシンポジウムを開催します。ご期待下さい!
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。